ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>いつか眠りにつく前に
テーマ:暮秋中
いつか眠りにつく前に


 死を目前に控えた老婆、アンは、娘の前でつぶやく。

「私とハリスが、バディを殺した」


 断片的にうわごとを繰り返すアンは、40年も前に親友の結婚式で短い恋をした。それは短くとも、情熱的で激しく燃え上がる恋だ。
 その一方では、4年間くすぶり続けた小さな恋が、ちょっとした誤解とすれ違いから、ごみのように――そう、文字通り本当に、ごみのように――かき消され、哀れな子羊はボロ雑巾のように――そう、文字通り本当に、ボロ雑巾のように――死ぬ。
 
 人生は過ちばかりだ。親友は気乗りのしない結婚を勧めるし、長女は子育てがうまくいっていないし、次女はずっとフラフラしているし、アンは暗澹たる気持ちで死を待っている。

 ところでこいつを見て欲しい。
いつか眠りにつく前に

 見紛うことなく大惨事だ。もはや天災の域に達そうとしているが、これは無論、人災である。しかも、どうしようもない因果から産み落とされるような避け得ない人災ではなく、ちょっとした準備があれば、いや、なくたって回避できる程度のものだ。これは故意に引き起こされた過ちなのだ。きっと嵐のような後悔がやってくる。人は簡単に、たった一つの選択が違っていれば防げたものを、防ぐどころか自ら進んで災害を呼び寄せる。そして看過しものが容易であればあるほど、後悔は大きく、諦めはつかず、すなわち大過となるのだ。
 だが、本当にそうか?
 なぜこんな大惨事が発生したのか。それは回避しなかった、防がなかったからではない。本当にやるべきことをやった結果なのだ
 一つや二つ、たとえ百や二百の過ちを犯したとして、それは眞に過ちか?
 何もうまくいかなかったとして、それは過ちゆえなのか?
   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/4108-3c10bac0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。