ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>地獄の変異
地獄の変異
テーマ:ヒューマン廉恥

 舞台は地底洞穴。しかもそのほとんどは水の中だ。

 私が怖がるシチュエーションとして、かなりの上位に食い込むであろうモノが「水中の天井」である。深い深い海の底よりも、浅くとも水に満たされた天井のある部屋や通路のほうが怖い。トゥームレイダーとかlast of usとかのゲームではおなじみのアレ。
 この映画の舞台はずっとソコだ。ぞっくぞくするやろ!
 
 しかもソコには正体不明の、隔絶された世界で独自に進化したと思われるヘンテコ生命(それはかつて、テンプル騎士団を虐殺し、黒い翼の悪魔として伝説となっている)が蠢いていた。
 タイトル(原題は「cave」とシンプルだ。余談だが、「カールじいさんの空飛ぶ家」の原題が「up」なのは何度見ても笑う)といい、モンスターパニックといい、なんとも安い映画に見えるのだが、その圧倒的絶望感、容赦の無いピンチの連続(しかもそれはほとんど乗り越えられていないような?)はなかなかのモンだ。
 それだけではない。地獄は「変異」している。その恐怖については何故かほとんど描かれていないのが残念だが、期待を裏切らないオチによって観客が勝手な恐怖を妄想できるように設計されている。にくい。
 クライマックスには派手なシーンも用意されている。なかなかのモンだ。




<ネタバレを含む>
 
 期待を裏切らない、と書いたが、これには語弊があるかもしれない。
 モンスターである空飛ぶ地底人の正体は、何十年か前に洞穴に閉じ込められた「人間」である。
 これに寄生生物が取り付くことで、洞穴に適応するように変異した化け物だ。
 一方現代では、リーダーであるジャックがこれに寄生されてしまう。そう、変異とは彼のことだ。
 冷静沈着なジャックは徐々に暴力性を発揮し、モンスターの感情を察知し、水のにおいを嗅ぎ分ける。
 この先、期待通りに進むのならば、一行は化け物へと変異したジャックと戦うことになるハズだが、実際は違う。彼の最期は人間として、いや、仲間を守るヒーローとして、モンスターもろとも自爆するという、一種華々しいものだ。

 私が期待通りのオチだというのは、無事に生還したメンバーの中に感染者がいる……! という後味の悪い部分である。
 これはパニック映画としては典型的であり、しかし駄目な方だと思うが、モンスターを前面に出しても通用するだけの映像クオリティを持ちながら、あえて心理的な不気味さを採ったことを評価したい。何ならモンスターの姿そのものは一切出さないくらいでも良い。どうせ暗くて見えんのだ。さらにノンフィクションを匂わせてくれればなおハラショーだったかも知れん。難度高すぎるか。
 それと、仲間からモンスターと言われ続けるジャック(聴覚が以上発達しているため、陰口か全部聞こえている。コレも自爆の一要因であることは言うまでもない)の心理描写をもう少し欲しいか。まぁ、この投げっぱなしもありはありなのだが。

 そうか、どっちか一つあるってのが良いのか。つまり、モンスターの外側か内側のどっちか一つが。
 なるほどなー。「姿は見えるが意味不明」「意味は分かるが姿は見えぬ」……ほうっ!
 両方わからない、というパターンではどうか。一見するとホラーとして正解だが、最初から最後まで何もわからなさ過ぎるというのも物足りない。はまれば良いが、はまらないと「(゚Д゚)ハァ?」だろう。スピルバーグとか言う天才じゃないとナ。
 はまらない場合はラストシーンでちょっとだけネタバラしするのがウマソウダ。「裏設定」の熱さがここにある。安易だろうか。安易だな。
 最初から両方分かってるのは最悪だろうな。最悪と見せかけて最後のどんでん返しは楽しいが。
 真の天才は両方ばらした上で、どんでん返しなど使わずにハラショーなものを作っちまうのだろう。その才覚が一番怖いわってね。 何もばらさず、どんでん返しも無いのになぜだか面白い「激突!」みたいなのもあるな。やっぱスピルバーグ天才じゃんとか。ウーム。


</ネタバレを含む>
   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/4101-eb6a2d6f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。