ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 子供のころには理解できなかったが、大人になって理解した真実Aがあるとする。その逆の、不幸を起こす原因である虚構Bを真実だと思い込んでいる「永遠の子供」が死ぬ。野垂れ死ぬ。

 この真実Aをまだ知らず、虚構Bを崇拝している「永遠の子供」を、馬鹿だ何だと罵る大人がいる。しかも真実Aを知りながらも、子供を是正できずに死へと追いやった「永遠の大人」に同調して。永遠の子供に同情し、涙を流したかつての自分を否定して。
 なぜだ。
 自分が子供のころに理解できなかった真実Aを、永遠の子供が容易く理解できるとでも思っているのか。
 なぜ価値観を広げないのだろう。なぜ一方を閉じたり捨てたりしないと、別の一方を認められないのだろう。両方を理解しては駄目なのか。虚構Bを信じていたあの瞬間、それは真実Bではなかったのか。
 真実Aを伝えられず、結果的に子供だったころのお前を悲しみに突き落とした、無力なる永遠の大人を呪えよ!(ドン)
 その永遠の大人と同じ道をたどろうとしている自分を恥じろよ!(ドン!)
 虚構Bの間違いを教えてやれないことを謝れよ!(ドドン!!)
 結局、永遠の子供は死ぬ以外に道が無いという社会を憎めよ!(ドドン!!!)
 正論が暴力であることを認めろよ!(どーん!!!)


「ネロやせいたは死んで当然のクソガキだということに最近気づいた」という意見を耳にして。の感想。
   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/3923-dc93fc72
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。