ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>>第9地区
テーマ:喚起の唄
 28年前からヨハネスブルク上空に鎮座し続ける巨大宇宙船。28日後、28週後ときて、次は28年後である(関係ない)
 宇宙船の下にはエイリアンたちの隔離区域、第9地区があった。この度エイリアンたちの強制的な移住が行われることになったのだが、その途中、主人公は謎の液体を顔面に浴び、やがて左腕がエイリアンへと変貌していく……
 宣伝がユニークだったのでもっとぶっ飛んだアホ映画だと思ってたが、「エイリアンが突然現れたのではなく、日常的にずっといる。しかも辺鄙なとこに」という点以外はそんなにぶっ飛んでなかった。その一点もニアアンダー7じゃんとか思った……が、その一点だ。この一点が、ストーリーではなく、演出面で非常に重要かつハラショーに機能している。「ドキュメンタリー映画」として。
 ただそれがあまりにもしっかりやりすぎてるせいで、アホ映画に見えないのだ。もっと雑でいいのでは? と思いつつも、CGが異常なまでに上手くて舌を巻くばかり。真面目に作ったのにアホ映画に仕上がったとか、アホ映画を作ろうとしてアホ映画になったとかいう作品とは一線を画す。アホ映画を徹底的にエクセレントに作り上げてくれたというそのこだわりにブラボーを贈らざるをえない。真面目映画だと思って見るとハァ? だろうが、アホ映画だと思って見ると斜め上どころか遥か上空を曲芸飛行している、そんな感じ。
 結末は、映画としてはオイオイなんだが(別に衝撃的! でも何でもない。むしろそこに至る「3年」のキーワードのほうが笑える)、これ映画じゃねーから! ドキュメントだから! 実話だから! ヒストリーチャネルだから! ディスカバリーだから! ナショジオだから!
 監督は新人で役者は一般人、資金も格安だそうだが、上手すぎる。
 
 エイリアンのデザインは、仮面ライダーとかに出て来そう? というか、ちょっとひねくれた人が描いた「僕の考えたちょっとワルでグロくて強い仮面ライダー」そのものか。実際はこいつら難民だし弱っちいんだが。故に舞台を含めて、差別問題がどうしても出てくる。
 結末も設定もちと安い(所詮はアホ映画)のでこれを衝撃作とか言っちゃうのは問題あると思うし、ネタも友情も倫理も半端なのは否めない。ずっとドキュメンタリータッチで、説教臭いのや心の葛藤の類はいっそすべて隠蔽して、完全にマスコミ視線の不気味な映画にしてしまうというのはどうだろう。観客放ったらかしの投げっぱなしの、それでいて地球人と宇宙人の勝手な主張をバイアスたっぷりに匂わせる、妄想力ない人お断りの。衝撃作に……ならんか。
 
第9地区


   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/3859-ab78f4f1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。