ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>ロード・トゥ・パーディション
テーマ:ノーライフキング
ロード・トゥ・パーディション
 厳格すぎる父は、いったい何の仕事をしているのか?
 尾行した少年が見たのは、仲間を殺すマフィアの姿だった。しかも父は逆恨みで命を狙われ、更に母と弟が殺された。復讐を誓う父と共に、少年は6週間の旅に出る。
 冒頭から「父子の物語」といっているが、描かれているのは「死」の有り様に思われる。葬式のシーンで、遺体が腐らないように氷で冷やしている光景に少年が釘付けになっているところや、死体写真にやたらこだわる殺し屋の存在がイカにもではないか。
 そういう点から、ラストはきっとこうなるだろうと予想してしまう。そしてそれは一時的に実現する(わかっていても結構きつい。見ているこっちが絵と音の美しさにノックアウトだ)のだが、なぜかそこで終わらない。
 わかりきった説教臭い回想に始まり、蛇足に思えるエピローグまで付いてくる。そしてこれが「父子の物語」であることが今一度強調される。私としては余計だと思うのだが、これはもしかしたら、救いであるのかもしれない。ウーム。
ロードトゥパーティション
ロードトゥパーティション
ロードトゥパーティション
ロードトゥパーティション
ロードトゥパーティション
ロードトゥパーティション
ロードトゥパーティション
 マフィアと雨ってのは何でこうも画になるかね。

   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/3798-eab1430d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。