ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>>選択式御題 49日目
13.「この手に託された」


 「待って」という私の声は他の何かに――たとえば道端でよく判らない遊戯に没頭しているやつれた若者に対する、中年の怒号といったもの――かき消されることは無く、そればかりかむしろ厳粛な公民館での歌声のように、滞りなく増幅されて、信じられない速度ではるか先へと突き進んでいく。当然なのだ。冗談などではなく、私は恐怖にも似た感情からその言葉を発しているのだから。渾身の力で。
 が、届かない。
 私はあわてた。血流が加速され、足はもつれ、無様に倒れた。
 「待って」
 哀れみを請う余裕すらない、懇願。今の私なら、この願いが叶えられるならば何でもやり遂げてしまえそうに思われる。つまりどんな反社会的なことでさえも。しかしそれには条件がある。人が何かを願うのは、想像の範囲内でなければならないのだが、私にとってそれは、彼の後姿なのだ。鳥を知らぬ者が翼を欲しがるだろうか。隣人を知らぬものが富を思うだろうか。知覚なくして夢はなし。人は無からの想像を望むことができない。いわば目先の利益以上は求めようがないのだ。彼の後姿がなければ、私はどんなこともやり遂げられないし、望むこともできないのである。
 ところで今、その彼の後姿が私の視界から完全に遠のいた。これでは望めないではないか。いけない。私は何かを叫ぼうとした。しかし声は出ない。何を叫べと言うのだ? わからない。
 知っている言葉を。
 口にした事のある言葉を。それもつい先刻。
 叫べない。忘れてしまったのか。口が阿呆みた様に開かれたまま、瞬きも忘れてしまった。渇きとは何だったか。何をしている。何もしていない。そう、転んだのだ。そうしてもう、私は二度と立てはしまい。そんな確信を得てみたが、それだけだ。何も生まれては来なかった。何をしていたのだろう?
 手が差し伸べられた。キラキラと輝いて見える。聞いたことがあるな、と思った。
 救いの手だ。
 他人を地獄に引きずり込む決意なくして、他人を求むることなかれ。
 他人に地獄に引きずり込まれる覚悟なくして、他人を救うことなかれ。
 その手はあの公民館よりもよほど厳粛で、清らかな奇跡のようだ。私はその手を握れるのか。握っても良いものか。もう立ち上がることのできない私に、想像の可能性を示唆するそれを。
 私の逡巡と狼狽とをあざ笑うかのように、その手は私を引き上げてしまった。いともたやすく。軽々と。風船か何かを引っ張るように。ほとんど自分で浮き上がってしまったのかと錯覚させるように。
 何かが頭をよぎった。フロリダ? 違う。バミューダ? 違う、何を言っている? スミソニ……関係ない! ただ判るのは、それが救いでないことだけだ。馬鹿馬鹿しいことを言えば、掬いではあるかも知れん。せいぜい慰み者としての地位を与えられたに過ぎない、転落だ。黙ってうずくまっておくべきだったのではないか。あの手を振り払って。しかしもう遅い。だめだ。見世物としての天命を果たす他にない。よりによって、人々はそういう存在を拍手で迎える。
   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/3694-fb3b1840
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。