ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>リンダリンダリンダ
テーマ:けいおん!
 文化祭を目前に、女子高生軽音部の一人が怪我をしてしまう。そこを発端に二人が喧嘩をし、もはやバンドは成立しない。もうだめだ。
 そこへカタコト留学生(※)をボーカルとして迎え入れることに。なんかノリで。
 
 どうでも良い所にやたら力を入れているようで、そういう、何だ? ヲタのヲタによるヲタのためのコアな同人作品や、あるいは趣味に走ったピンポイントなラノベのような展開は、ともすれば視野の狭さや逃避癖を露見するだけだったりするものだが、これは良い感じに転んでいる。もうずっとどうでも良い事ばかりやってて、ストーリーなんて皆無だし、冒頭の喧嘩云々のくだりすら割と放置なんだが、後半になってくると歌、音楽の素晴らしさをこれでもか! と見せ付けてきやがる。
 無論、それは単純でチンケでチープで古臭い青春ストーリーだと片付けられるかもしれないが、そうはいかん。何故だか異常な説得力で、わけも分からずハラショーに感動させられる。
 また、
「大人になるとは何なのか」
「子供をやめるとはどういうことか」
「思い出などというクソみたいな価値観に何の意味があるのか」
 といった問いかけ――それは具体的になされる――が深い。映画の内容としては基本的に無関係な問いなのだが、見る側は冒頭から「これは高校生が文化祭を活き活きと過ごす姿を見て、大人が思い出を掘り起こして懐かしんだりする類のものではないのだろう」という意識を刷り込まれるのだ。
 劇中で言われる「きっと本番は必死すぎて、あとには何も覚えてないだろう」といったことからも、これは青春ストーリーの範疇ではない。もっと広い、そう、人生だ。しかもそれは、全てを容易く水に流されてしまうような、もろく儚いものだ。ああ、こんなハラショーな映画、そうはない。200点だ!



※ この子が異様にかわいい。部員たちが徹夜疲れて寝こけているシーンがあるが、画面の隅っこでぶっ倒れているだけでかわいい。異常である。

リンダリンダリンダ
   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/3658-81ff5d48
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。