ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>>アサシン 暗・殺・者
テーマ:死んだ人間が蘇るとき、人はそれを何と呼ぶべきか
 荒っぽい強盗団の一員であるマギー。まさに狂犬と言うべきこのビズムニー女は警官を殺し、署でも裁判所でも大暴れであっけなく死刑に処される……が、死なない。なぞの組織でレディーとしての再教育を徹底的に施される。それはもちろん、タイトルどおり「殺し屋」としての特訓なのだ。
 といっても、あんまり殺し屋って感じはない。本人の知らんうちに片棒担がされたり、正面から行って大勢が見てる中でぶっ放したり。殺しのテクに見るべきものはないが、銃器は無闇に充実しているので、そこはちょっと楽しい。
 終盤に出てくる始末屋が怖すぎてハラショーだが、ラジオは切っちゃだめだ。安い邦画みたいになるかも知れんが、どうせ大したストーリーでもないんだから、そこはイヤラシクわざとらしく、ニーナの曲を流さなきゃ。それは母、つまり過去との決別という意味も持たせることになるし、そこから更にラストシーンで「愛している」の台詞でズバッと終劇となれば舞的には100点をやっても良かった。あーくそう。メガホンをよこせ!
 
 とまあ、ハリウッド的な展開を否定してみたのだが、元はといえばこれ、フランス映画のニキータだかエビータだかアニータだかであり、リメイクだ。リメイクでこの薄さってのも凄まじいな。で、元ネタは見たことあるような気もするが覚えてないので、どっちが面白いかも分からん。
アサシン 暗・殺・者
   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/3654-472ae650
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。