ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>帰郷
テーマ:「交差点」の重大性と稀有性について。

 再婚するとかで田舎に帰り、ナンやカンやで7歳の女の子と二人っきりになってしまった男。
 最初のラブシーンを除き、何もかもが上手く回らない。徹底的に非ご都合主義で、何で映画の中でこんなしんどい現実を見せ付けやがるんだと非難めいた事まで言いたくなるレベル。
 それは最後まで続くというか、むしろ最後が一番悲惨ですらあるし、しかも主人公は苦難を乗り越えていく割には、成長しているようには思えない。いや、そもそも何も乗り越えてすらいないな。
 彼は一切レベルアップしていないのだが、実はそんなのは当たり前。大抵の人間は生まれてから死ぬまで、レベルアップなんてそうそう簡単に出来やしない。交友、初恋、試験、結婚、出産、死別といった半ば強制的なレベルアップイベントですら、のらりくらりと跨いでしまったり、或いは上手く経験値を得ることの出来ない人は実に多い。当たり前だ。
 人はドラクエシステムに生きるにあらず。
 多くの場合、採用されているのはサイヤ人システムなのだ。傷つけるのではなく、傷つくことでちょっとだけ強くなるのである。それも、死に至る大怪我を負ってようやく攻撃力が2増える程度の。ちょっとやそっとの傷では、その成長が外から見えるはずが無い。
 しかしそれでも、ほんの0.1とか0.01といった小さな成長がなされているものである。そんな現実を表した映画であろう。
 しかしその反面、大怪我を負っておきながら本気で0.0001すら成長していないクソ女が登場している。何たることか。死ね!
 彼女の場合は最初から壊れていたんだとは思うけど。主人公にはそれを修理する技術も気概もない。
 そういえば劇中にクラリネットをこわしちゃったを歌い続けるシーンがあるな。狂ったように。
帰郷

   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/3340-c78019c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。