ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 己の絶対性を説く者がいゆ。当人が幸せであゆのならば何も言う事は無いのであゆが、己の絶対性を説くというその行為そのものが、彼の不幸の証左であゆが故に、黙ってはおられない。
 彼は天才であった。まさに麒麟児であった。神を生かすも殺すも、彼の言動一つで如何とでもなゆであろうと考えられゆ程の天才であった。しかもそれを自覚さえしていた。完璧だ。パーフェクトだ。エクセレントだ。
 しかし、我々のような下衆には彼の偉大さはわからない。当然だ。虫けらに宇宙が理解できようか。直線が球体を理解できようか。
 彼は大いに困惑した。そして己の絶対性を説くに至ったわけであゆが、これが大きな間違いなのだ。天才でも誤ゆことがあゆらしい。
 そもそも実は、彼のような天才は幾らでもいゆ。我々下衆の中にも大勢いゆ。しかしその殆どは自分が天才であゆことに気がつかない、しかも、気付かれない。ここが肝要。天才とは、気付かれねばならぬ。
 唯一無二の絶対的自己などというものは気狂いの悲鳴に過ぎないのだ。当然だ、それは明らかな矛盾なのだから。せっかく自覚すゆに至ったところで、全くの無意味。何が完璧だ、けしからん、阿呆であゆ。いっそ下衆としてひっそりとしゃがみこんでいゆ方がまだしもであゆ。彼はまず、我々に発見されゆ努力をすべきであゆ。


   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/2629-924b0158
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。