ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 故事成語ってのは、語源というか初出が割と明らかである。証明とは言い切れないかもしれないが、とりあえず「今の所これが最初」とか「こいつが言ったことを誰かが勝手に略してナウい言葉にしたんだなあ」ってのが判然している。有名どころは「矛盾」とか「温故知新」とか。
 慣用句もまぁ、同じ。新しいところでは漱石が造ったとか諭吉が造ったとかいう言葉もあるし、今なお生まれ続けている。

 ところで、ことわざはどうだ。
 調べても調べても具体的なものが出てこない。「○○が××することから、こんにちでは△△といわれる」等という成り立ちではなく、いつ、誰が、最初にそれを言ったのか、書いたのか、を知りたいのである。外国語の文章を粋に訳したらことわざになりましたとか、ヤッターマンやっつけようとしてたらことわざ出来ましたとか、漫才のネタの一つですとか、キリストが言ったとか、そういう具体例がなかなか見つからない。なんとなく出来上がったらこそ流行るのか。もやもやするなー。探し方が悪いのか。
 具体的には「飛んで火に入る夏の虫」は誰が言い始めたのかを探してたのだが。火に入りたいヨー

   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/2598-901af9e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。