ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 私たちがこの組織の一員となってから、私たちの価値基準は一冊の書物によって限定されている。少なくとも、そうなるように仕組まれている。したがって私たちの観察眼と審判能力とは、風紀委員長のそれと同じであるはずなのだ。ところが彼女は、私たちが持ちえない罰則の権利と言うものを既に抱えているにもかかわらず、いや、飽き足らず、それ以上の相違を求めようとする。しかもこれは私たちにも言えることで、つまり画一的で、唯一の絶対であるところの例の書物の教えに対して、さまざまな解釈を試みようと躍起になるのである。これは発展の足がかりにも見えなくはないが、実際のところはもっと下卑な、背反ですらない猿芝居なのだ。何故私たちが、風紀委員長までもが、このような愚かしい行為に手を染めようとするのかは、以下の事情によるものである。
 つまり、この組織内の全ての人は書物を理解するだけでは真の満足を得られないから、これを遵守しようとしたり、時には反抗してみたりするのである。風紀委員長の特権も、罪人たちの行為も、書物によって生み出されたものなのだ。ところが、誰しもがそれを完全に遂行するだけの力を所持していないのである。私たちの行動の全ては、組織の外の目から見れば、書物と照らし合わせてみても常に不正にありふれているといったあんばいである。したがって、私たちは本来の役割を果たすことも、書物に働きかけることも出来ない。それどころか組織を維持することもできないという危険にさえさらされるのである。しかしそれでも、私たちにできることと言えば、出来もせぬのに書物に対する努力をひたすらに繰り返そうとすることだけだ。無論、それが久遠の徒労であることは承知しているからして、皆が皆、自らの役割について川霧に行く手を阻まれた時に類似する不安をいだき始める。風紀委員長までもが、自分は実は下っ端の書記委員か、そうでなければせいぜい生き物係ではなかったかと危惧するほどだ。つまりそうやって自分たちの行いを書物に対する解釈のやりようにまでさかのぼって取り消そうとするのである。だが、一度開始されたことはもはや取り消すことなど出来るはずも無い。その結果、私たちが半ば偶然の機会、半ば狙い済ました好機であるといった態で始めるのが、行為の意義付けである。まず最初に行うのが、この意義付けへの意義付け、その次はこの組織への介入か、或いは書物への解釈か、もしくは・・・・・・といった具合である。もはや私たちの価値基準は書物を離れ、自身から遠ざかって、より客観的であろうとする過剰な意義の存在だけが真実として規定され始める。しかし何のことはない。この組織の外の世界とて何ら変わらぬ。私たちが見ているものは全て、どこかの誰かに意義付けされたまやかしでしかないのだ。誰も彼もが解釈を捨て去り、意義付けそのものを目的としようと試みている。
   かんれん!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://mastermind.blog6.fc2.com/tb.php/2408-b3b31816
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。