ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かテレビが受信できなくなった

なんか共同アンテナを撤去するらしい

なんか共同アンテナを撤去したらしい



大家からも


管理会社からも


アンテナ設備会社からも




一切連絡なしで、



隣人に聞いてようやく判明とか。何コレ。村八分って奴? 


「先般、ご案内させていただきましたとおり~」←きてないきてない


新たにアンテナを取り付けるという話はないらしいw
ん、てことは近隣住民全員テレビ難民だから、村八分ってことはないのか。



テレビを目覚ましに使ってるのに、どうやって起きればいいんだ(´゚д゚`)



燃やすぞ。



別件だけど、70万あげたら70万よこせとか言われてるし。


あーあ。今年もダメだな。めんどくさ
スポンサーサイト
>>アルティメットニッパー
楽天に1本入荷→入荷後0.2秒で注文!!!!!!!!!!!!!!!



クッキーエラー→売り切れ(他のものは普通に買える模様)




死ね。



死ね。



o(;△;)o
>>アルティメットニッパー

amazonに定価で出現したと思ったら、注文中に完売しやがった( `_ゝ´)くそっ! くそっ!
アルティメットニッパーの転売屋がじわじわ値段吊り上げてるなー(´・ω・`)
公式(4千チョイ)にも張り付いてるけど、手に入らないお(´・ω・`)
転売屋からは意地でも買わん(`・ω・´)

買わ……………………ほs


>>the last of us
あれ、取り説のページがくっついてる(・ω・`)?

1.数を数えて落ち着く
 こちらはイライラしているだけであって、爆発しそうなわけではない。そしてそのイライラの要因は長時間にわたって持続しているため、数えている間もイライラは募る。使えない。

2.発生源を獣だと思う
 野良犬だろうがオバケだろうが、イラつくものはイラつく。使えない。
 
3.壮大なストーリーを妄想する
 持ち帰ったイライラはこれで対処できるが、持続するイライラには無効。使えない。

4.右から左へ受け流す
 目の前で黒板を引っ掻かれて受け流せる人がいると言うのなら見てみたい。使えない。

5.もうちょっち要因を探る
 これはできていると思う。相手の過度な自己主張と、私の自己肯定感のなさに尽きる。
 自己肯定ができない奴が自己を保つには、他人を否定して相対的に優位に立つしかない。
 この否定が言いがかりレベルであった場合は、そんな言いがかりをつけている自分がみじめで情けなくてますますイラつくであろう。
 相手が真に無能であった場合もまた、そんな無能に束縛を受けてイラついている自分がみじめで後略。野良犬相手にイラつくパターンもこれだ。つまり自分は野良犬にも劣っているという確信から、全てを憎むのだ。いわく、争いは同レベルで云々。
 よりによってその無能が、無能ゆえに過度な自己主張を行うとなれば、これはもう、見知らぬゴリラが勝手に家に上り込み、延々と下手なヴィオラを弾き続ける(不安げなドヤ顔で)という地獄に等しい。
 
6.同情してみる
 要因がわかってるのだからこれは容易だ。しかしイラつきが治まるわけではない。使えない。
 
7.暴れる
 持ち帰った(中略)使えない。

8.つぶやく
 うわぁ……

9.逃げる
 環境を変える、ともいうが、これが一番楽かつ現実的だ。戦って砕け散る馬鹿が正義で、引きこもりが悪などとだれが決めた?
 まぁ、ひきこもるのは逃げ方としては良くないな。ちゃんと逃げろ。
 とはいえ、一匹のゴリラの為にほかの全部を犠牲にするとか、それこそ自分がみじめで(後略)
 
10.自己肯定を試みる
 ワイは世界一めんこい。

11.無責任な神の創造
 お祈りさせてください。


 ああ、そういえば初めて「イカレた新成人」を生で見た。女装して騒いでたんだが、思いっきり壁けったら静かになった(というかうるさい奴をその友達が押さえ込んだ)。
 しかし罪もない壁さんを足蹴にしといて解決とは言えん。運がよかっただけだし。逃げるのが一番だなぁ。


>>マレーナ
 うら若き少年レナートが出会った、町一番のケツの持ち主、その名はマレーナ。新婚さんだが、結婚2週間で夫は戦争に借り出されている。
 誰もが夢中になる(女からは不評だ)そのケツの美しさに、少年の下半身はむくむくと超反応。一目ぼれだった。
 爾来、少年は股間と妄想とを膨らませながらマレーナの観察を始める。
 愛という名の正義のためなら全てが許される、といわんばかりの彼の行動は、若さゆえの過ちであるが、ちと酷くないか。
 しかし、このストーキングギャグ(町の人全部が彼女を観察している)の連発に、そんなどうでも良い倫理観はハラショーに瓦解する。
 終盤、終戦とともに、瓦解した倫理観はまた別の正義へと変貌し、女たちの憎しみが暴走する。少年の小さな存在は、それをどうこう出来るはずもなく、お笑いモードは一変する……。
 
 と、大半はギャグで彩られているのだが、戦争と悪意に弄ばれるかなりエグイ人生が描かれている。そしてまた、そんな激動の女への恋の尊さ、あるいは初恋そのものへの羨望とでも言おうか。うむ。良い。
 しかし、主題はソコにない。
 マレーナの美意識は語られない。全て少年目線だから、苛烈な事実以外は全て妄想である。そう、少年が真に客観視できているその「苛烈な事実」こそが、この映画の肝ではないか?
 ネタバレしつつ具体的に言えば、ラストシーン手前の、映画史上最も「胸糞悪いハッピーエンド」とも思える市場のシーン。つまりドイツ兵を客に取った非国民マレーナを引きずり回し、ぼこぼこにして髪をずたずたにして身包み剥いで町から追い出した女たちが、ちょっと老けて太って、つまり「町一番のケツの持ち主」ではない疲れた女に変貌したマレーナを、何のお咎めも為しに許してしまうシーンだ。
 女たちはなぜマレーナを許した?
 時間がたったから? ドイツ兵と寝たのは戦争の所為だと悟ったから? 夫を愛し続けていたことを知ったから?
 それとも「美」を失ったから?
 それとも集団リンチのおろかさに気づいたが故の、謝罪のしるし?
 さらに、マレーナに多かれ少なかれ恋心を抱きながら、マレーナがズタボロにされている時も帰って来た時も、何もできなかった男たちの存在とは何なのか、と。
 そんな腐った大人たちのおかげで、マレーナが落とした果物を拾ってあげる少年の姿がまぶしく映るわけだが。



 皆に馬鹿にされ、蔑まれてるそこら辺のジジイババアにも過去の栄華があるんだぜ。むしろそういう迷惑な人間こそ、何かしらの転換期がたいていある筈で。よく知られるのはごみ屋敷の住人か。

 なんてゆーか。





 あああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


マレーナ




ふっ……あんたには負けたわ ←言いたい
でも私に勝ったくらいでいい気になってちゃだめよ ←言いたい


>>デッドスペース2
クリア……ラスボス弱っ!

さて、今作にはハードコアとかいう最高難易度が用意されている。

・敵つおい。
・チェックポイントの廃止。死んだらセーブポイントからやり直し。
・セーブ回数制限(3回)
・回避不能バグ多数。(私は1周目で3つ遭遇)

ムリデース

電源コードが絡まっている。
あのカーブがこの歪みを困惑させ、
この歪みがそのうねりを懊悩させ、
そのうねりがあのカーブを狼狽させる。
みんながみんな不足する。
ところで我々は、奇天烈な発明でこれを打破できない。
する必要もない。
安定を求めた結果ではないか。
物理学的に、熱力学的に、行動学的に、心理学的に。
作られた輪に入って、巻き付いて、居座って、引っ張って、締めつけて、埃をかぶって、癒着して。
それが厭なら切ればいい。一度の鋏でいくつもの塊に分かつことができる。
切れない? 当たり前だ。厭ではないのだから。とはいえ、放置すれば火事になる。危ない、危ない。

どうする?
どうするのだ?

ちょっとほぐせばいい。
ちょっとほどけばいい。

どうしたことだ
どうしたこれは




一本じゃないか。


>>劇場版 きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!!
テーマ:どんなときでも正しいことをする、怖いもの知らずのヒーロー(←その通り)
 海で遭難し、ミスティアイランドに迷い込んだトーマスが、いろいろと調子に乗る映画。
 遭難する前に、ディーゼルとの話がある。
 ディーゼルはほかの機関車から、いつもバカにされていた。それも個人の資質ではなく、ディーゼル機関車であることを、である。いわば人種を、である。
 実際にそういう差別が行われていたかどうかはともかく、少なくとも当人はそう思っている。自分はディーゼルだから馬鹿にされるのだ。汚名をそそぎ、名誉を得るために彼は功を急ぎ、重大な事故を起こしてしまう。後にトーマスも思い込みによって追い詰められるのだが、最終的には「その通り」と他者を認めることの正しさを知ることになる。
 しかし、ディーゼルはどうだ?
 一人で突っ走ってずっこけたことに対して、コレといったフォローもなく、結局は何をやっても駄目な奴としか見えない。
 この事実について、我々は「その通り」と頷けば良いのか?
 


劇場版 きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!!


発●前からプレミ●価格で予約受け付け●るキチガイって何と●して焼き殺せないも●かね。興味な●商品でもイラっとく●。興味のあ●商品だと悲し●なる。

半年DOMれ
ドムトローペン
ドムトローペン
ドムトローペン
ドムトローペン
ドムトローペン
ドムトローペン


ぬ、もっといい色出てるんだけど映らんな(´゚д゚`)


>>初音ミク -Project DIVA- F
工場長大嫌いだ♪
初音ミク -Project DIVA- F

 高所得者はケチ。
  
 というより、低所得者は貯めるたって貯まらないから、つまり楽しくないから、適当に散財するんじゃないの? 高所得者はガンガンたまる預金残高を見てニマニマするのだ。1ずつ加算で9999でカンストするより、1000ずつ加算で9999000でカンストするほうが中毒性が高いというゲーム脳的に。高所得者はそんなモンいちいち見ないか。
 あ、学校のテストも1万点満点にしよう。
 「あんなに頑張ったのに8点しか上がらないとか……」が「800点も上がった!」になるし、一問で2000点入る問題とか出たらテンションあがりすぎる!!!!!!

 なんて扱いやすい子供なんだ……ギガウイングしてくる。


>>次郎長と小天狗・殴り込み甲州路
 北大路欣也イケメンすぎちゃうんか。

 大前田栄五郎といえば名の知れた大親分。その一人息子の栄次郎もまた、実に気風の良い男で、小天狗などとあだ名されている。
 そんな小天狗がある日偶然であったクソ役人をぼこぼこにしてしまい、ほとぼりが冷めるまで海老屋甚八の元へ行くことに。
 父は小天狗の罪をかぶって牢獄に入り、大前田一家は清水次郎長が預かることに。
 しかしほとぼりが冷める前に、海老屋で大事件が発生する……
 
 やくざ同士の殺し合いについて合法な大義名分を作り上げてる点は確かに面白いが、ソコにいたる過程が強引というか説得力に欠ける。ストーリーは全体的に動きが少なくてつまらない。
 なんだろうな。暴力は単純なほうが面白かったりするが、愛は「一目ぼれ」の一言ですまされるとモヤっとするんだな、私は。わざとらしいエピーソード挿むよりは、一目ぼれのほうがよっぽどリアルなんだけど、あまり好きではない。
 その辺とはまったく関係ないが、あまりにも多すぎるエキストラとか、所々で妙に軽薄な台詞回しとかが何故だか面白くてクスッとくる。あと、歌もいい。











次郎長と小天狗・殴り込み甲州路

町内会館←ヘンタイっぽい

>>the last of us
エリーとビル仲悪すぎわろうた(‘∀‘ )kick us!

 ソレについて、私が教わったのは1000のうちの1か2くらいである。あとは独学と言うか、否定に起因する発展と言うか、窃盗というか、そんな。
 ところである者は1200くらいを教わっている。私の目の前で。
 海苔と醤油とストーブを用意しよう。

 それはさておき、一気に全部教えるっていうやり方は絶対に理解できない(理解できる人間だったら小難しい本を一冊与えてれば勝手に覚えてくるし)上に、質問しにくくなる(教えてるほうは理屈通ってるからドヤ顔だけど、聞いてるほうは威圧感覚える)から、教えるほうも教わるほうも損しかないと思うのだがどうなんだか。

 たとえば、1個30円のみかんと1個120円のりんごを3個ずつ買ったら、いくらになるか?という問題で、
・どこの国の話なのか?
・いつの時代の話なのか?
・消費税は何%か?
・その値段の根拠はなんなのか?
・交渉に応じる用意はあるのか?
・買い手と売り手のそれぞれのプロフィールと相性はどうか?
・掛けのやり取りは可能か?
・なぜ3個ずつなのか?
・ブランドはなんなのか?
・大きさはどうなのか?
・虫はついていないのか?
・八百屋なのか?
・スーパーではだめなのか?
・エコバッグは持参するのか?
・ビニル袋は有料なのか?
・消費による地球に対するコストは計算に入れるべきなのか?
・なぜ第三者であるこちらが計算せねばならんのか?
・その店は正しく損益を計上しているのか?
・雨なのか晴れなのかアーケードなのか?
・TPPについてどう考えているのか?
・生産者に嫁の来てはあるのか?
・誰が食べるのか?
・自発的な買い物なのか?
・お使いならば、お小遣い分は差し引きされるのか?
・予算は足りているのか?

 などと延々と説明されても質問されても先に進まないのか? 何の話なのか?

 「ちゃんと教えたもん!」
 「りんごのヘタについての情報が与えられていなかった」
 とかいうのを回避するためなのか? 警察じゃあるまいし。これが政治か? 何の話なのか?



>>デス・レース
 囚人たち(ただし主人公は冤罪)が、命をかけてレースをする。死んだら負け。
 パネルを踏むと武器が使えるよ! とかで完全にマリオカート。
 誰が何をしているのか分かりにくいが、車はバンバン宙を舞い、人の首もさくっと飛んでいく。スタントはCGを使うことなくハラショーな迫力だし、胸糞悪いヒールの存在も良い。
 主人公を演じるのがジェイソン・ステイサムとかで、どうしてもトランスポーターがよぎるが、何だろ、向こうはスマートなカッコヨサなのに比べてこっちは結構いかついので、若かりしころの活躍なのだとか妄想するのも良いかも知れない。
 

デス・レース

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。