ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>>みんなのリズム天国
 全クリ(´∀` )しちゃうとやりこむ気は起きないな。図書ガールズずっとやってたいとかあるけど。
 お魚を釣るやつの、ベロベッロン♪ の奴が最後まで意味不明だった(;´Д`)
スポンサーサイト
ワールドカップに限らず、サッカーのテーマソングみたいなのの存在が何か苦手だ。
('A`)オー('A`)オー
('A`)オオオ('A`)オー('A`)オー('A`)オー
('A`)オオオオー('A`)オ('A`)オー
('A`)オ('A`)オー('A`)オ('A`)オー
('A`)オー('A`)オオー('A`)オー('A`)オオー('A`)オー('A`)オオー
('A`)オー('A`)オー
('A`)オオオ('A`)オー('A`)オー('A`)オー
('A`)オオオオー('A`)オ('A`)オー
('A`)オ('A`)オー('A`)オ('A`)オー
('A`)オー('A`)オオー('A`)オー('A`)オオー
('A`)オオオオー

(´゚д゚`)

 (´゚д゚`)

(´゚д゚`)

(´゚д゚`)

(´゚д゚`)

(´゚д゚`)

(´゚д゚`)

(´゚д゚`)

>>リトルビッグプラネット
 クリアー。
 ということでユーザーが作成したステージをちょこちょこ遊ぶ……自由度高すぎじゃないのかw
 ちょっとした改造マリオを想像してたらEMBだったでゴザルとかそんな。
 面白いかと問われると微妙なところだけど。おー、へー、ははっとかそんな。色々探してみようか。ロード遅いんだよなぁ。



人間に対して免疫がないタイプ
「こういうとき、どんな顔すればいいのか分からないの」

人間に対して(過剰に)免疫があるタイプ
「みんな死んじゃえ」

アナフィラキシーショック
「きしーーーーー!」ビクンビクン

>>百万長者と結婚する方法
テーマ:秒速で一億円稼ぐ条件
 ロックフェラーさん、キャデラックさん、石油王……そんなお金持ちとの結婚を夢見る3人の女たち。しかしそんなアテはない。というわけで一計。
 最近、「お金はさびしがりやだから、お金がいっぱいいる所に行きたがる」とか言うのをやけにあちこちで見聞きするが、3人はこれを実践する。
 自分たちが金持ちを装えば、金持ちが寄ってくるじゃん? と。
 
 最初によってきたのは、ネクタイもしないチャラそうな男。こういうのは論外である。ちゃんとした人を見つけるのよ!
 3人はそれぞれターゲットを見つけて急接近する……。
 言ってる事もやってる事もいちいちゲスというか、高望みのバカ女というか、哀れというか、マイナスにしか見えないところだが、3人とも根が貧乏くさいので、ちょいちょいボロが出ててかわいいのだ。
 その後の展開はまあ、恋はお金じゃないのよねって奴……というか、もう最初のほうでオチを見せちゃってるレベルなんだが、これは単純な話だからもういっそのこといきなりネタばらししちゃえ! って感じで、むしろすがすがしい。
 その落とし方もストレートな分、吉本新喜劇のように、こっちも一緒にずっこけることができる。
 途中、説教くさい展開になるんじゃないかとちょっとヒヤヒヤした(説教くさい映画が嫌いとか言うわけではない)が、終始楽しい。 
 特にラストシーンはニヤニヤしっぱなし。もうちょっとボケが増えれば、何回でもみれそうだな。

 ところでマリリンモンローって、私の中では完全に架空の人物(以前はマイケルジャクソンも……今もか。スティービーワンダーなんかもフィクションだわ)だったんだが、映画見たらちょっと近づけたような気になるな。

百万長者と結婚する方法

>>SIREN2
 まだ大して進んでないと思うけど、今回はかなりヒント出るのな。
 謎解きワクワクが勝つのか、作業感モクモクが勝つのか、「ゲーム製作(特に続編)」の微妙な匙加減の難しさを垣間見れそうだ。
 ロードオブワルキューレなんか特にそうなんだけど、
・便利にする

・プレイヤーが介入する余地がなくなる

・楽しくない
 
 なんてことが起こりうる。適度な面倒くささは残しておかないとダメなんだわなぁ。自由度の加減と煩雑度の加減。これがゲームのキモか。
 極端な事例ではWiiだかDSだかのマリオの「勝手にクリアしてくれるモード(?)」とかいうものに行き着いちゃう。あれがダメだったのかどうかは知らないのだけれど(ぁ
 リアルで人間を操るのにも重要なファクターだわなぁ。「勉強しろ!」を何回、どんなイントネーションで、どの距離、どのタイミングで言うべきか? ってのと同じだわなぁ。これに失敗して取り返しのつかない最悪の結末を迎えた二人を知ってるんだけど、誰も救われないし救えないし、ホントやめよ。

 自分を操るのにも有効だわなぁ。忙しい日はわずかな時間を趣味に費やすくせに、休みになると何もしないで一日が終わってるとかいうアレ。
 SIREN深ぇ~ξ*゚⊿゚)ξ

>>キテレツ大百科 第40話
 ブタゴリラ「メロン破損で訴えてやる!(名誉毀損で訴えてやる)」
 天賦の才、ここに窮まれり。

 子供のころに学校にいけなかったおばちゃんが、小5の勉強を1人でやって、模擬テストで100点を取る。
「オバチャン、将来有望だな!」
「あはは、アタシにも将来があるのかい?」
「だって、将来を信じて勉強してきたんだろ?」

 普段は一切勉強せず、実際にテストでも最下位のクセに、家で自己採点してたり、野菜パワーでオバチャンの風邪を治したり、挙句の果てが上記のセリフである。やだカッコイイ///

 ところで、このエンディングが居様に不気味である。


 淡色の背景に多くのコロ助が踊り狂い、こちらを指差してナニゴトか煽っている。怪しげな、得体の知れない世界――つまりはあの世だとか、あるいは機械仕掛けの国といった?――へといざなわれているようで、不思議に怖いのだ。
 また、後ろのほうにいるノーマルコロ助だけが、群れの中で一人、踊らずにそっぽを向いている。そしてさも不思議そうな視線を視聴者に投げかけている。コレは何を表しているのだ? そもそも、最前面で群れを指揮しているコロ助と、どちらがオリジナルなのだ?
 歌詞も恐ろしいのだ。
 「ワガハイこそはキテレツ様のお手伝いロボ」
 これが、都合のいい、心など不要なロボットとしての矜持であろうか。いや、なまじ心を創造されたが故に、仲間の狂乱に加われないでいる〝オリジナル〟の……つまりアイデンティティへの批判にして憎悪ではないのか。
 自身をカラクリ武者や航時機と同列であるとしながら、それらに混じることができない不幸。
 システムの開放とは一体なんであるのか。

お金を払う。
食べ物を出す。
イーヴン。

「ごちそうさま」
「ありがとうございました」
イーヴン。

あとは事前にサーヴィス料を払うか、サーヴィスに対してチップを払うか。



そういう問題ではないんだろうな。



じゃあ、どういう問題なの。


>>バットマン アーカムシティ
>Mr.フリーズ

 一度使った攻撃は二度と通用しない……ゲームではあまりお目にかかれないが、熱いよね。格ゲーに導入したらどうなるんだろう。一部の技は一度使っちゃうと、2回目以降は強制オートガードorカウンター発動とか。ウゼーな。
 ということで勝てる気がしないわけだったが……っ!?

>>大江戸五人男

 暇をもてあました退屈な旗本は、いつだってイライラしている。
 俺は偉いんだぞ!
 すごいんだぞ!
 有事の際には俺は、俺は……っ!!
 
 そんな鬱憤が常々泉のごとく湧き出し、あるときお芝居の妨害なんかやっちゃう。そこに颯爽と現れるのが、坂東妻三郎扮する幡髄院長兵衛。観客たちは待ってましたと立ち上がり、拍手喝采。おいおい、こんな燃える登場シーンをしょっぱなから見せちゃっていいのか?
 「旗本退屈男」シリーズはクライマックス前の登場シーンにこだわりを置いているそうだが(別に比べるものじゃないが)、こっちはまだ序盤も序盤、キャラ紹介の時分であるぞ。強烈だ。
 ということで、旗本と親分のいさかいが、何人かの男の漢気(手前が死にかけてるのに、子供の前で軽口をたたいちゃう権八がカッコイイ!)と、いやみたっぷりで、戦争のきっかけになっても不思議ではない演出の坂東更屋敷(劇中劇)で描かれる。
 このいやみたっぷりの劇中劇。敵をdisってるのに、何故だか胸糞悪くなってくるほどの秀逸さ。そこまで責められる旗本が確かに外道なのだが、そんなことされたらやはうえ様でもブチぎれるわ。
 しかし一度転がり始めた情勢ってのは、それだけでめでたくひっくり返ることはなく、彼らは彼らなりの、無慈悲なけじめをつけるのだ……。
 登場シーンが異様にド派手だったのも、この流れならば必然であったと思い知る。はう……。


大江戸五人男

支配<手段┬支配
     └虚無

顕示┬母性┬顕示
  │  └虚無
  └悲劇

支配⊃所有・創造
顕示⊃虚飾・奉仕
>>初音ミク -Project DIVA- F
初音ミク -Project DIVA- F
 昨日までの私
「ボカロとか気持ち悪くて5秒以上聞くと嘔吐感をもよおすわ(笑)」


 明日からの私
「3次はクソ」
 当たり前を当たり前に維持することと、当たり前を逸脱した者が当たり前に返り咲くことでは、難易度が違いすぎる。後者に称賛を送るのは当然の習わしではないか?
 具体的には「人畜無害」と、「更生した不良」との差。こち亀のアレ。
 あるいは大人が歩くのと、赤ちゃんが歩く差でもいいな。大人が歩いても、誰も「あんよが上手」とか言ってくれない。
 自慢にならんという点ではすべてが共通しておるが。

 などと当たり前なことを言ってしまう。('A`)オー


 マラソンの最後の一人を拍手で迎えるっていうあれも同じか……

 やめてあげて!

>>ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記
テーマ:47枚の四画
 ゲイツ家のご先祖の中に、リンカーン暗殺に加担したものがいる!
 而もそれには物的証拠まで存在している!
 この歴史的に大きな汚点を払拭することはできるか!?
 そのためには、彼が守ろうとしていた宝を見つけ出せばよいのだが……!?
 
 今回は序盤から面白い。一瞬だけ前作でやらかした無駄オサレに走りかけるが、2カットくらいだけなので問題なし。
 黄金郷に入ってからのイセキアドベンチャーは、何かこの映画の本来の魅力から外れてしまっているような気がする(一番盛り上がるのはやはり、大統領をゴニョゴニョするあたりか。むちゃくちゃだがそれが良い)とかでちょっと、ふにゃ? っとなる。ふにゃ? っと。
 あと、前作でおいしかったオヤジが、今回はずっと出ずっぱりだが、出番の多さの割にはおいしくない。
 むしろ敵役の「あれ? こいつ悪くなくね?」ってのが小出しにされてるあたりが憎いね。
 
 最も気になってるのは、これ初めて見たはずなのに、不安定な床からはしごへ、とか、水門をあけたり閉めたりとかのくだりを知ってたのは何故なんだぜ?
 オマージュしたりされたりしてたのか、たまたま終盤だけ見たことあるのか。


ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。