ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千の意見を千のそれとなし、
万の意見を千のそれとなし、
一の意見を千のそれとなす。
スポンサーサイト


>>からっ風野郎
テーマ:俎上の攻防
 囚人番号111番、朝比奈。いよいよ出所というその日に、面会に来た男によってあっさりと殺される。が、殺されたのは人違いの112番であった。かわいそう。
 一命を取り留めた朝比奈はヤクザの二代目で、対する殺し屋というか鉄砲玉というか、は、敵対ヤクザの手の者だった。
 この朝比奈一家。二代目と年寄りとインテリの三人しか残っていないという風前の灯状態の上、せっかく出てきた二代目は度胸も喧嘩も今ひとつとかでジリ貧。その上向こうには、やり手の殺し屋もいるとかで詰みゲー。
 
 主人公(三島由紀夫)からモブに至るまで演技がひどくて暫くは見てられないのだが、慣れてくれば何とかなる。この、何となく許されるのと駄目なのとの違いって何なのかね。お答えしよう、世界観の構築と表現の是非である。
 それより問題なのは、主人公の主人公らしからぬクズっぷりだ。ヒーローなどでは無論なく、極道なんてものでも俄然なく。弱さと優しさがチラ見えするところから、周りからは「根っから悪い奴ではない」などと評されているのだが、実の所は悪になりきれないだけの、ふわふわしたチンピラに過ぎない。不良漫画に出てくるような主人公を想像してはいけない。どっちかというと、その手の漫画の主人公にボコボコにされて、読者にザマーミロと罵られるタイプの男だろう。応援できないのだ。
 しかもこれは主人公に限ったことでもなく、ムカつく奴ばっかりだ。こんなもん、どう決着つけるんだ……
 ラストシーンが衝撃的であるということは事前に分かっていたのだが、お待ちかねのそれは……
 
 
 
 
 
 
 
 
 うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 いや、出来事自体は想定内というか、それ以外は誰も納得しないのは明白。しかしその映像、不気味すぎる。三島を使いたいだけの映画かと思ったら、このシーンのための映画だったか。怖い。ハラショーだ。


からっ風野郎
>>選択式御題 49日目
13.「この手に託された」


 「待って」という私の声は他の何かに――たとえば道端でよく判らない遊戯に没頭しているやつれた若者に対する、中年の怒号といったもの――かき消されることは無く、そればかりかむしろ厳粛な公民館での歌声のように、滞りなく増幅されて、信じられない速度ではるか先へと突き進んでいく。当然なのだ。冗談などではなく、私は恐怖にも似た感情からその言葉を発しているのだから。渾身の力で。
 が、届かない。
 私はあわてた。血流が加速され、足はもつれ、無様に倒れた。
 「待って」
 哀れみを請う余裕すらない、懇願。今の私なら、この願いが叶えられるならば何でもやり遂げてしまえそうに思われる。つまりどんな反社会的なことでさえも。しかしそれには条件がある。人が何かを願うのは、想像の範囲内でなければならないのだが、私にとってそれは、彼の後姿なのだ。鳥を知らぬ者が翼を欲しがるだろうか。隣人を知らぬものが富を思うだろうか。知覚なくして夢はなし。人は無からの想像を望むことができない。いわば目先の利益以上は求めようがないのだ。彼の後姿がなければ、私はどんなこともやり遂げられないし、望むこともできないのである。
 ところで今、その彼の後姿が私の視界から完全に遠のいた。これでは望めないではないか。いけない。私は何かを叫ぼうとした。しかし声は出ない。何を叫べと言うのだ? わからない。
 知っている言葉を。
 口にした事のある言葉を。それもつい先刻。
 叫べない。忘れてしまったのか。口が阿呆みた様に開かれたまま、瞬きも忘れてしまった。渇きとは何だったか。何をしている。何もしていない。そう、転んだのだ。そうしてもう、私は二度と立てはしまい。そんな確信を得てみたが、それだけだ。何も生まれては来なかった。何をしていたのだろう?
 手が差し伸べられた。キラキラと輝いて見える。聞いたことがあるな、と思った。
 救いの手だ。
 他人を地獄に引きずり込む決意なくして、他人を求むることなかれ。
 他人に地獄に引きずり込まれる覚悟なくして、他人を救うことなかれ。
 その手はあの公民館よりもよほど厳粛で、清らかな奇跡のようだ。私はその手を握れるのか。握っても良いものか。もう立ち上がることのできない私に、想像の可能性を示唆するそれを。
 私の逡巡と狼狽とをあざ笑うかのように、その手は私を引き上げてしまった。いともたやすく。軽々と。風船か何かを引っ張るように。ほとんど自分で浮き上がってしまったのかと錯覚させるように。
 何かが頭をよぎった。フロリダ? 違う。バミューダ? 違う、何を言っている? スミソニ……関係ない! ただ判るのは、それが救いでないことだけだ。馬鹿馬鹿しいことを言えば、掬いではあるかも知れん。せいぜい慰み者としての地位を与えられたに過ぎない、転落だ。黙ってうずくまっておくべきだったのではないか。あの手を振り払って。しかしもう遅い。だめだ。見世物としての天命を果たす他にない。よりによって、人々はそういう存在を拍手で迎える。

>>ライオン・キング
テーマ:世襲の合理性、または血族の縛り
 近年、ハイエナの株が随分と上がっているように思う。ティラノサウルスのそれとは反比例するように。そういやシャチの存在感も薄れているような。
 しかし、この映画のハイエナの体たらくは何だ? ライオンたちの天下から外れた影の世界で、腐った残飯を食らわされる日々。無論、ライオンの天下をひっくり返すだけの野望も無ければ力もない。搾取されるものすらない、掃き溜めの中で生まれ、そして死ぬ。
 そんな彼らの前に現れたのが、国家転覆を狙う革命家、或いはテロリスト、若しくは英雄であるところのスカー。
 これを担ぎ上げて、ハイエナたちは飢えと渇きと闇と孤独から開放される。
 しかしスカーは王であった兄へのコンプレックスから、地位、権力に固執する。これはどう転んでも英雄にはなれん。暗君である。いや、もはやただの強盗である。
 広い世界で再度飢えと乾きに包まれるハイエナたちはしかし、状況を打破しようとしないし、またできない。個の性質によるものか、或いは種族としてそうなのかは判然としないが、ただ愚痴るだけの日々だ。流れに身を任せ、国家転覆のスケープゴートにされそうになって漸く、些細な復讐に興じるのみ。無論、そこには何の解決も存在しやしない。ああ、情けない。

ライオン・キング

 普段は何をしているのかわからない組織というものがあるが、普段は何をしているのかわからない組織は普段、それとは別の普段は何をしているのかわからない組織を運営しているらしい。ところがまた、普段は何をしているのかわからない組織が普段運営しているというその普段は何をしているのかわからない組織も、普段は普段は何をしているのかわからない更なる別の組織を運営しているということが容易に想像される。
 しかもそれは3つや4つでは収まらない。
 つまり普段は何をしているのかわからない組織は普段、普段は何をしているのかわからない組織を運営しており、それもまた普段は普段は何をしているのかわからない組織を運営しているが、じつはまたその普段は何をしているのかわからない組織も普段は普段は何をしているのかわからない組織を運営するのは自明であり、そうなるとまた現れる普段は何をしているのかわからない組織の普段が普段は何をしているのかわからない組織の運営に費やされるわけで、当然露呈される疑問であるところのその普段にはやはり普段は何をしているのかわからない組織という仕事があり、それはもちろん、普段から普段は何をしているのかわからない組織の運営に追われ、しかしそれは追われるほどのものでないからやはり普段は普段は何をしているのかわからない組織に労力を回すわけだが、そちらでも結局たらいまわし的に普段は何をしているのかわからない組織へと主導権が渡され、されど渡されたからといってどうとすることもできないから日常的に普段という現象が屹立しては普段は何をしているのかわからない組織であるという自覚を持って普段から普段は何をしているのかわからない組織の運営を強行しようと空回ったりしているといった普段は何をしているのかわからない組織が存在してしまう。大部分を要約して言えば、普段は何をしているのかわからない組織は結局普段は何をしているのかわからないのだ。
 おや、一軆あなたは?
 

>>荒野の用心棒
テーマ:アレとアレの使いよう
 あれ……スティーヴ・マックイーンじゃないの? ってそれは荒野の七人でした。
 
 凄腕のガンマンがふらりと立ち寄った小さな町。人を殺すことと酒を飲むことしか頭にない男たちと、哀れな後家ばかりの、荒廃一直線の町だ。
 しかもそこは二つのヤクザ一家が対立しながら牛耳っている。ガンマンはこの両者を手玉にとって、一儲けをしようと企てる……
 こいつはヒーローとして描かれているし、実際、ひとつの家族にとってはどんなアメコミヒーローよりもまぶしい男だが、冷静に考えたらとんだ悪党……いや、ヤクザどもの存在がこの町では普通なのだと考えれば、彼は郷に入って郷に従いつつやりたいことをやっただけで、つまり全員対等か。
 ハラショーなる屑どもの闘争だ。熱くないわけがない。てゆーかそんなのどうでも良い。
 
 とにかく「カッコイイ」。
 これに尽きる。
 
 21世紀にもなってウエスタンにあこがれる馬鹿な男たちがあとを絶たないのも無理からぬことだ。
 ウィキペを見るのも面白い。何やってんだw
 
 肝心の銃撃戦は、音は迫力あるけどそれ以外がまるで駄目。ただ、これは歴史に残る一歩らしいので、大変重要なもののようだ。躊躇のない滅多撃ちを堪能しよう。

荒野の用心棒

慈悲、愚鈍、決意、傲慢、自惚、持続、自制…それは強いのか、弱いのか。

それとも、ああ、これがいとしさと切なさと心強さなのか。故に彼は業を背負わず、許され、笑って死ねるのだ。言うまでもなく、その他大勢はもがき、苦しみ、涙は枯れ果て、薄汚れた微笑を浮かべて蜻蛉が如く去る。


>>ロード・オブ・ウォー
テーマ:勝ち取った役割とその尊厳
 ごく普通のレストランで、ハラショーな銃撃戦を目の当たりにしてしまったユーリは、その瞬間から銃の虜となっていく。
 それは見たり集めたり、或いは撃ったりする物ではなく、売りつける物としてだった。
 
 複数の実在武器商人の話から作り上げられた、天才商人の映画。当人は一切人を殺せないし、それを見ることすらできないレベルなのだが、彼の行動ひとつで何千何万の人間が蝋燭よりも容易く消し飛んでいく。それは自分には関係のないこと、買っていった奴が銃やミサイルやヘリや戦車をどう使おうと知ったことではない。それに、自分が商売を中止したところで明日には誰かが跡を継いでいる。第一、アブない奴らがすでに武装していると言うのに、いまさら供給をストップして、それで平和が訪れるなんてことはありえない……破滅へ向かっているとしか思えない人類のおろかさもまた、無意味。
 ユーリにとっては金すらも意味を成さない。ただ、たまたま自分に武器商人としての才能があったから、それを使っているだけのこと。そこに山があるから登るのだという登山家の欲望に同じ。ああ、何なんだこの映画は。怖い怖い。
 
 でもAという才能は持て囃されるのに、その10倍Bという才能を持っていても評価されないって社会は本当腹立たしいよね。社会なんだから当たり前だが、よりによってそのAが何ものをも生み出さない、それどころか奪うだけの才能なのに、奪われる奴が気づきもせずに喜んじゃってるパターンとかね。で、言うの。
「努力が足りない」

 それはさておき、何度か出てくる虐殺シーンがほとんどギャグみたいだったり、ユーリの最後の詭弁がもはや痛快の域(彼は基本的に法を破らないし、破っている場合もインターポール側は合法捜査では捕らえられない種類なので、屁理屈が道理として全て通るのだ)であったり、もう、善悪の所有なんてみんなまやかしみたいだ。
 正しいと思われそうなことをした奴は、あっけなく五体バラバラにされるのが、この世の常。
 生くるは悪にて死ぬるもまた罪。
 思考こそがカルマなのか。自分を含めて、誰も傷つけずに時の上にたつことはできないらしい。
 
 この映画の主題と外れているような気もするが、オープニング映像がそれだけで完成されていて、素晴らしい。いや、べた褒めするようなものでもないが、ちょっと前にはやった鉄拳の「振り子」みたいな、人生の凝縮を一つの弾丸で示しており、感慨深く、哀しい。

ロード・オブ・ウォー





 マジックとか舞台劇では特に新しくもないんだろうけど、面白いな( ´∀`)類同要因とか言うやつか。頭がフットーしそうです

>>傷だらけの男たち
テーマ:毒の実験
 香港警察のポンと、そのボスのコンビは凶悪犯を追っていた。首尾よく逮捕した。めでたしめでたし。
 なんて簡素な作品だろう!
 
 と思いきや、ポンの彼女が手首を掻っ切って自殺していた。しかも彼に黙って堕胎までしていた。ポンの人生は一瞬にして闇に閉ざされた。
 
 ……3年後、苦手だったウイスキーをがぶ飲みしながらも、ポンは探偵として彼女の自殺の理由を独自に調べ続けていた。
 また、ボスの嫁の父が殺害され、その犯人はすぐ捕まったのだが、不審な点があった。ポンはこっちの事件にも首を突っ込むことに……。
 
 ものすごく普通の刑事モノとして進む。普通と言ってもオモシロ黒人もいなければ、華麗な推理も心躍るドンパチもない、平坦なる普通っぷりに呆れ返る。
 ほぼ名前しかないような、それも似通った名のキャラが舞の頭の周りをぐるぐる回り始めてパイパイパニック。
 自殺についてはあっさり流し(そこに不満はないが。金城武の演技に全てをかけ、くどい説明をあえて省いている)アヤしい奴は最初から丸分かりで、証拠集めには何の苦労もない。ジョバンニが全てやってくれたレベル。
 
 しかし、だ。
 
 あまりにも深い。
 正直、私なんかには一切不可解な恨み、憎しみが煮えたぎっており、こいつら何のために生まれてきたのかと言う不条理な虚しさが胸を刺す。えぐる。八つ裂く。
 盛り上がらないのに後味も良くないとかで、マゾヒスティックな悦びしか見出せん。傷だらけになるのはこっちだよ(つД`)
傷だらけの男たち
 一日に150分くらい自転車こいでるが、体調悪くなりすぎわろうた。気管をケガキ針でズタズタにされたみたいで、えらいだみ声だ。
 そこへきてドデカミン(すがすがしいほどのパクリブランド)のエナジー水とかいうのを飲んだら、ただの塩水で死んだ。喉と、あと耳を切り裂いて梶原善に舐め回されたい。
>>るろうに剣心
見た目の面白さはイイ線行ってると思うが、ストーリーがピンと来ずです。いや、むしろ台詞回しが駄目なのかです? 字幕つけて見ると、空耳アワーみたい(全ての台詞がギャグっぽい)です。楽しいです。

>>ベルセルク
 シャークアドーンが無い……ですって?
 代わりにシャルロッテちゃんのエロシーンがやたら長くてご馳走様です。
 クオリティに一貫性無いのがちょっときついです。

>>アイアンマン3
 あー……かっこよさと面白さは素晴らしけど、派手さはいまいちです。ストーリー? そんなもんはどうだって良いです。
 第一、アレだけ煽ったマーク42までの型の扱いが軽いです。登場シーンはウオオオオってなるですけど、ストーリーにはまったく関係ないです。私の好きな演出が数秒しかなかったですし。楽しいのは楽しいが、もう一回見るか、と言われたら見ない、っていうです。

>>LAギャングストーリー
 ガンマンのジジイが一人だけ中二病炸裂させててハラショーにクールです。
 結末はやけにあっさりしてて、フォローなしかです!? とか思ったけど、そんな渋味を楽しむ映画なのだです。したがって前述のジジイの浮きっぷりに矛盾が生じるわけだが、んー。です?
>>SIREN
人がやってるの見てても面倒くさそうなイメージしかなかったけど、自分でやったら面白いわ。


てゆーか怖いwwwwwwwwww



>一気の見

>>マクロスプラス劇場版
 私の好きな要素がてんこ盛りっぽい。OVA版も見ようかな(=゚ー゚)

>>イカ娘(1期)
 かわいい(‘ー‘=)

>>化物語
 バトルアニメと思ってたんだが、ぬーべーとかホリック的なアレがソレなんだな。
 てゆーか何だこの過剰演出。意味あったのか? とか、「キャラクター」が前に出すぎだろとか、ラジオCDで良いだろ、とかいろいろあったけど、オーディオコメンタリーがスゲェ(黙

 1話だけヅラっと見る。どうせ文句ばっかりなんだからやめりゃいいのにねーです。

>>断裁分離
 シャナの第1話を見たときに良く似た嫌悪感が私を襲うです。以降の展開がどうであれ、こういう導入は許されないと思うんだけどなーです。おそらく漫画や小説なら何とも思わないんだろうけどなーです。
 2話も見たが、カッコイイ態でやってるのか、中二やラヴコメを馬鹿にした皮肉ギャグなのか、さっぱり分からんです。ギャグ担当キャラが出てきたから、後者の線は薄いだろうなです。これは良いストレス解消になりそうです?

>>ヤマト
 ショーもない挑発で仲間がいっぱい死んでるのにみんな楽しそうです。死んでるやつも楽しそうだからいいのです。OPは吹いたです。

>>ホクト
 OPは吹いたです。しかし30分はきついのです。

>>ムシブギョー
 いう事なす事メチャクチャや……

>>惡の華
 100年残る神アニメになると思う(特***に**エン****ディン**グ****が****いい***)ですが、原作クラッシャーとかで叩かれてるようです? 世間が認めないものを崇拝する私って(E)です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 原作知ってる子に見せつけたら鳥肌注意状態だった(主****に***エンディ****ン***グで*****)です。でもやっぱり別物らしいです。

>>革神語
 既視感がオルガスムスだが割と好きっぽいです。しかしこんな爽やかイケメンの「いじめられっこ」って存在しうるですか? 魚の死骸みたいな目をさせるべきです。

>>刀語
 中二武器大好きです゜+.(・∀・)゜+.゜

>>フォトカノ
 きしょ……

>>百花繚乱
 ふぅ……
>あにめ
 見出したら見出したでぜんぜん追いつかん。やはり信頼できそうな旧作をじっくり見るほうが良いのか。でもトレンドに乗りたいじゃん><

>>ろまん
最後までウンコ

>>かぐら
 唐突に降って沸く「実は○○なんです」の乱舞に辟易。ワンピースとかの過去編は許せるのになー。
 カマッテチャンの集団が一人の敵(魅力ゼロ)をぶち殺すだけだけだが爽快感も何も無い。エロもつまらん。

>>たまこ
 かわいい。

>>ささみ
 真面目にやればいいのに、最後まで雑なネタに逃げっぱなしで「まだ本気出してねーから」感が半端無い。え、わざとだって?はいはい。

>>えけび
 ハァ?

ちゃうねん




ちゃうねん!



 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。