ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>ALWAYS 三丁目の夕日
テーマ:弱者による雲霞のごとき集合は、光を遮断するか?
「おとうと」でちょっと書いた理想の世界が、ここにありました。
 ただ、「昭和でっせ! なつかしいでっせ! ノスタルジックでっせ!」って押しがあまりにも強いせいか、天邪鬼が目を覚まさざるを得ないとかで、その辺は全く堪能しなかった(←結果的に、この見方は正解だと思う
 そもそも私にとって昭和なんてのは江戸や平安と同列の昔話なのだから、心の琴線に触れようと躍起になられても無駄なのだ。見せ付けられるとむしろ警戒しちゃう。でも、作りかけの東京タワー。あれはハラショーだね。完成品には興味ないが、下半身だけの姿には揺さぶられる。下半身さえあればいい! 
 何だろうなあれは。猿の惑星の、上半身だけの自由の女神と逆の意味だか近い意味だか同じ意味だか分からんが、文明とは何なのかと思わされる。生成と崩壊、それは時間の方向は大した問題ではないという物理的観点から見れば、全く等価値であるのかないのかふじわらのりか。
 
 さて、ストーリーはこれといって存在しないので、見所といえばやはり、いくつかの「親子」の対比か知ら。
 口減らしのために縁を切る親子。会ったこともない親子。全く赤の他人の、ウソの親子。勘違いでくっついているだけの、ニセの親子。そしてごくごく一般の、普通の親子……。
 遠くの家族より近くの他人か?
 血のつながりはどこまでが真実か?
 本当の親子より親子らしい「他人」は存在しうるか?
 存在して欲しいな。
ALWAYS 三丁目の夕日
スポンサーサイト

>>バットマン アーカムアサイラム
>ジョーカーチャレンジ
 コンバットは動きがむやみに大きいので隙も大きく、立ち回りに丁寧さが求められる感じ?
 バットクロウに変わる技がないからバリエーションは3500止まり?
 鉄砲が×250と破格(ただし一発のみ)なので点数的にバットマンに負けることはなさげ?
 あいや、グランドテイクダウン連発できないから負けるな。ロード中のヒント見てると貫通するっぽいから複数人同時に倒せればある程度はいけるのか? ゼンゼンそうは見えないが。それ以前に1コンボクリア自体がバットマンよりはるかに難しい。
 
 問題はプレデターだな( ´∀`)サーチモードの代わりのメガネは遅いし性能悪いし動けないでTAには使えない。まぁ、TAやるなら敵の動き暗い全部把握しろってことだ。
 てゆーかミッションが無いから、適当に銃撃つ→集まってきた敵を爆砕→終わりとか。えー(´゚д゚`)
 
>イカレた奴ら
 なんだこれ、無限湧きか!?
 となればグランドテイクダウンなど使わずに安全策を取るわけだが、暴走狂人がウザ過ぎる(´Д`;)攻撃の速さはどうでもいいが、コンボテイクダウンと投げを無効化する上にコンボも強制終了、なかなか死なずにどんどん増える。何よりギャーギャーうっさい。馬鹿め!
 何とか50万点いったが、15位くらい……1位とかどうなってんだろうか→200万や
 
 (´゚д゚`)
 
>>メタルギアライジング
 人間型をやっつけるのは慣れてきた。てかスライディング→斬奪で秒殺できるのな。多節棍でバシバシやってるのとどっちが楽しいかは微妙なところ。スタイリッシュなのは斬奪だけど、ヒット数多い武器って好きなんだなぁ。ベヨネッタでもポールダンス大好きだった。コンボ数ってゆーか動きが好きなだけなのか。無双でいうと魏延たまのCRみたいな。
 
>モンスーン
 全く意味が分からないまま無理やり倒した。ウーム……というかボス戦は全て意味が分からない(爆
 まぁ、アクションゲームなんていつもそんな感じだし( ´∀`)はは……すんすーん
 
>>アサシン 暗・殺・者
テーマ:死んだ人間が蘇るとき、人はそれを何と呼ぶべきか
 荒っぽい強盗団の一員であるマギー。まさに狂犬と言うべきこのビズムニー女は警官を殺し、署でも裁判所でも大暴れであっけなく死刑に処される……が、死なない。なぞの組織でレディーとしての再教育を徹底的に施される。それはもちろん、タイトルどおり「殺し屋」としての特訓なのだ。
 といっても、あんまり殺し屋って感じはない。本人の知らんうちに片棒担がされたり、正面から行って大勢が見てる中でぶっ放したり。殺しのテクに見るべきものはないが、銃器は無闇に充実しているので、そこはちょっと楽しい。
 終盤に出てくる始末屋が怖すぎてハラショーだが、ラジオは切っちゃだめだ。安い邦画みたいになるかも知れんが、どうせ大したストーリーでもないんだから、そこはイヤラシクわざとらしく、ニーナの曲を流さなきゃ。それは母、つまり過去との決別という意味も持たせることになるし、そこから更にラストシーンで「愛している」の台詞でズバッと終劇となれば舞的には100点をやっても良かった。あーくそう。メガホンをよこせ!
 
 とまあ、ハリウッド的な展開を否定してみたのだが、元はといえばこれ、フランス映画のニキータだかエビータだかアニータだかであり、リメイクだ。リメイクでこの薄さってのも凄まじいな。で、元ネタは見たことあるような気もするが覚えてないので、どっちが面白いかも分からん。
アサシン 暗・殺・者
>>メタルギアライジング
・自由斬撃@斬奪
 思い通りにいかん。というか、いつ発動すればいいのかも分からん(爆
 このゲーム、超苦手かも。

・シノギ
 なんか間違えてR1押しちゃう。緊急回避とかないから!
 なんか間違えてジャンプしちゃう。無敵時間とかないから!
 このゲーム、超苦手かも。

・犬
 かわいい



>>バットマン アーカムアサイラム
 ん、点数計算勘違いしてた。最後の一発じゃなくて、全ての攻撃にコンボ数が乗算されるのか。100コンボ超えたら一発殴るごとに1000点、1010点、1020点……ってことになる。ってことはグランドテイクダウンを乱用すると、想像以上に点数が跳ね上がるな。
 菌・ヴァイラスはマスクを素通りするので、マスクをつけても風邪の予防としての効果はない。
 って急に連呼されるようになったが、マスクをつけてない風邪っぴきが撒き散らかす飛沫をシャットアウトできるだけでも、相当の効果じゃないのかしら? じわじわ浸透してくるのかな。それ以前に髪につく→髪触る→パン食べるとかで入って来るんだろうけど。目からも来るのかな。きもいな。
>>猟奇的な彼女
テーマ:介護者Xの献身
 思ったことはすぐに口に出すし、手も出る。間違ってる奴は大嫌いだし、自分と美的感覚が一致しないというだけで誰彼構わず喧嘩を吹っかける。
 口癖は「死にたいの?」「ぶっ殺すよ?」
 
 そんな女と偶然知り合ってしまった主人公は、彼女が抱えている傷に気づき、癒してあげようと考えて自ら生贄となる。
 
 
 
 80点を期待してたら30点くらいだろうと思いきや70点でござったが、なかなか楽しかった。抱えている傷になんのひねりもなく、ツンデレとしても説得力に欠けるし、インパクトもちょっと外れているが、それが何故だか不快を呼ばない。非現実感がうまく出ているおかげで、ファンタジーとして成立してしまっているのだろう。だから「こんな奴いねーよ」とか言う野暮な突込みが一切顔を出さないで済む。必然性と説得力。世界構築とはこういうことだ。
 そのため、ラストも素直に受け入れられる。タイトル負けは否めないが、これもファンタジーの一環ならば納得か。サザエさんでも見るような意気込みでそっと見て、そっと楽しんで、そっと終わればそれで良い。うむうむ。
猟奇的な彼女

>>メタルギアライジング
 そんなことよりプレイアーツのライデンかっこよすぎ濡れた

>>バットマン アーカムアサイラム
 つくづく思うのは、全篇にわたって演出が神がかっている。個人的に特筆したいのは、ダクトをこじ開けるときのバットマンの動き及びカメラワーク。いくつか種類があるが、周りに敵がいない@外から内へ入るときの、ゲームとしては全く不要な数秒が好き。ここに表現される暴力性はもはや芸術だ。作りこんだスタッフのにやけ顔が目に浮かぶわ。はしごを登りきるときに飛び上がって前宙するようなわけの分からんヒロインに見せ付けてやりたい。
 終盤になってくると、いつのまにやらスーツが綻んでたりヒゲが伸びてたり(ドアップにするとホント、これが主人公でいいのかと思うほど小汚い)という、或る一夜の出来事であることを認識させるだけのこだわりまで見えてくる。もう「キャラゲー=クソゲー」などとは言わせない。

>チャレンジモード
 プレデター(隠密)とコンバット(どつきあい)に大別される。

 プレデターはクリアするだけならどうとうことはないが、ミッションこなしつつTAはアツい。アツすぎる。しかしネットランキングは意味不明だ。二桁にすら入れないのがいくつかある。追いつける気がしネェ(´゚д゚`)

 コンバットはコンボ等を理解するまでは正直イミフだったが、理解すると楽しすぎる。点数は理論値計算が可能(速さは関係ない)で、これもアツいんじゃないか。適当な1コンボ完走で50位くらいだったとかで、付け入る隙もありそうだ。
 まぁ、理論値ったって「投げとか飛び道具は一回こっきり」で、あとは「殴りでコンボ数を増やし」、「最後の一人はグランドテイクダウン(コンボ数×100ptになる。殴りだと×10pt)」だけだから、奥は深くないのか。
 ん、違う。殴りで瀕死にし、あと一撃で死ぬやつを確実にグランドテイクダウンでトドメを刺せ!」か。となると周囲の全ての雑魚の残り体力(非表示)を把握しなきゃならん。てゆーかグランド~は無敵でも何でもないから狙える機会が限られるし、うわ、無理じゃんw
 上級チャレンジはそもそも完走すらできんわけだが(死

 あ、プレイアーツのバットはマンは後姿のほうがカッコイイ。

>>歌ふ狸御殿
テーマ:人は何故に動物を擬人化するのか
 太平洋戦争勃発の翌年に製作されたという、コメディミュージカル。ほんとにミュージカルだ。唐突に歌うし踊る。こんなのやってたんだな。方向性がそっちに固まってたら、今の邦画はインド映画みたいになってたのだろうか?
 
 主人公はかちかち山の狸の娘。居丈高な継母と、高慢なる義姉に迫害されて生きている。彼女のささやかな夢は、狸御殿で開催される狸祭りに出ることだが、地味な彼女にそれはできない。
 ある日、義姉にそそのかされたいたいけな河童が、白樺の木を切り倒そうとしている。これをやめさせたところ、木の精によって制限時間つきの素敵な衣装をもたらされ、これで私も大手を振って歩けるわっと、いざ狸御殿へ。
 そこで出会ったのはイケメン王子様。と、完全にシンデレラであるが、意外と深い展開もある。まぁそんなことはどうでも良く、ただただ愉快なわけで。ただほっこりするだけの映画。ほっこりって本来の意味なんだっけ?
 
 ところで「ママハハ」という言葉の意味を知るのに数年を要したのであるが、幼稚園児とかって分かってるのかな?
 私の場合は、御伽噺の類に疑問を挟んではいけない、という勝手な舞ルールがあるから誰にも聞けなかったものだが。昔話なんてされても「お前は何を言っているんだ?」状態のまま放置だった。聞いてもググレカスで終わるのだろうが。よく考えたら昔話を「された」ことなんて一度もなかった(ぁ


「地獄の海鮮料理」などと言われては挑戦せざるを得ないわけであるが、いざ出て来たればそれは、何のことはない。味の薄い雑草である。これのどこにヘルの要素があるというのか。ふざけるな。詐欺である。訴訟しよう。

>>IS
日活ロマンポルノ>>>>エロ漫画>>>>>>AV=IS
こんなレベル。話にならんわ。何でこんなもんが受けてるの?ダントツに糞なんだが。散れ。そういうわけで、ラウラちゃんはもらっていく。
積みゲーが10本くらい。なんとかしる。

>>バットマン アーカムアサイラム

>殴り合い
 敵との位置関係によって勝手にいろんな技が出てくれる。システムわかってないだけかもしれんが、楽しい。顕著なのがカウンター。背後や横からの攻撃も容赦なく取れる。カッチョイイ。ビバップでやりたかったのって、こういう戦闘なんだろうな。アレはカウンター一辺倒でまともに戦う意味が無かった。こっちはあくまでも緊急回避的だ。
 敵の攻撃には合図が出るので反応は簡単だが、それでも結構忙しい。良いぞ良いぞ。

>暗殺
 複数人に鉄砲で撃たれるとあっという間に死んじゃうので、武装してる奴らに対してはロープアクションで様子見→物音立てて霍乱→背後から忍び寄って絞め殺す→死体を見つけた他の敵がパニックwwwとかでニヤニヤ。イイ。
 やったことないけどMGSの楽しさってこれの究極形かしら?
 
>探索
 バットマンがデカくて視野を遮る、小回り利かない、ちっちゃい出っ張り等に引っかかる、前だけじゃなく上も見てなきゃいけない、など非常に面倒くさい上に、なぞなぞ等よくわからんことが多いが、無視するのも忍びないし攻略サイトなどもってのほか。こりゃまた時間を食うゲームになりそうだ。私が灯台下暗しタイプであると前に書いたが、これはまさに天敵と言える。
 

>ロード
 無に等しい。メニューなんかも基本的にシャカシャカ開く。特にドラゴンズドグマやったあとだと感涙に咽ぶレベル。やっぱアレ糞ゲーだ(ぉ

>チャレンジモード
 まだ二つしか出てないが、なかなか楽しい。奥の深さは無さそうに思えるけど、とりあえずキャラ育てきってからが本番か。


 VHS快適すぎワロタ(´∀` )DVDだのBDだのコピー制限だのハイビジョンだのVRだのAVCだのCPRMだの、利便性から離れていく先端技術などみんな氏ね!
 
 
今期はなんとなくアニメを見てるぜ( ´∀`)


>>0048
 1話→おっぱい→裁判→テロ→重大発表
 全てが突拍子無く、何がなんだかわからない。てゆーか酷すぎて笑えた。福笑いシナリオと名づけて多用しよう。何だよ懲役48年って。ノリノリじゃねーかw
 シリアスギャグの路線を進むのなら支持。従って前半のおっぱいは蛇足である。そもそも実在のアイドルをモチーフにしてるのに、矢鱈滅鱈おっぱおっぱいしてるのは良いのか? と思ったが、グラビアだのPVだのAVだのでやりたい放題やってるから問題なかった。
 
 5話→泣いた
 それに比べて森の動物エピソードの適当っぷりはいったい……


>>閃乱カグラ
 おめめキラキラの桃髪の子の詳細が知りたくて見てみたが、何のことは無い。ただのおっぱいだった。きゃわわ

>>たまこまーけっと
 きゃわわ

>ろまん
 サブタイがいちいちやけくそなのは何なの。バンバンババンと大盤振る舞い!とかもう意味わかんねーよ……(´・ω・`)

>ささみさん@がんばらない
1話→
 いつからだろう、こういう置いてけぼりに対して不快感を生ずるようになったのは。
 と思ったが、そうではない。私の楽しみを邪魔しているのは置いてけぼり感などではなく、何らかの偏見にすぎない。アニメは面白いアニメは楽しいアニメは大好き

~3話
 「オレ様の考えた面白い設定」ばかり先行してて(ただし結構好きである)、今のところ設定説明だけが延々と続いている。ストーリーとは何なのか。もうちょっと置いてけぼりでも良いんだよ?(ぁ

~4話
 いじめられっこが頑張って大学デビューを図るも、ことごとく空回りしているかのようなキャラ作りが鼻についてきた。3姉妹の。
 ん、えらい楽しんでるな私
 
~5話~
 ささみんかわえーーーーーーーーーー!!!

>>だくそる!

>グウィン

 何このおっさん(´・ω・)ズッッッッッッッタボコにされるんだが。
 ガード固めて3連だか4連だかの1振り目が届かない程度の距離を維持しつつ、飛び込んできたらローリング。つかみ攻撃をすかして一発殴る。これで完封っぽいけど……ダルッ。
 キックのあとも殴ってみようか( ´∀`)いける!

 他の攻撃の後も殴ってみようか( ´∀`)死ぬる!

 駄目もとでパリィ(´∀` )いける!?



 倒した( `_ゝ´)と思ったらエンディング始まったwwwwムービーどころか静止画すら出てこないスタッフロールに製作陣の本気を見た。




 あれから幾度の死を乗り越えただろう。




 今ここに、6週目をクリアした(何

 レベルは120。
ダークソウル
ダークソウル


 別キャラで300オーバーのを作ってみたりするが、混沌釘バットを超えるのが、アルトリウスの大剣(ボーナスつきすぎ!)くらいしか見当たらんのは気のせいか。
 見当たらんってことも無いか。しかし誤差でしかない。
 魔力50で魔力の釘バット→ヘボ
 人間性9の混沌釘バット→炎釘バットに負ける
 神聖釘バット→どうしようもない

 なんつーか、釘バットの数値分配が雑に思える。初心者救済武器だったりするのかしら。雑魚なんて大抵が即死か1ターンキルだから、隙が多いだの何だの関係ないし。ぇ? 対人性能? ハハッ
 こんなことやってると、逆にぺちぺちとダガーを振り回す楽しさに魅了されたりもする(すぐ飽きるが!)。





 ということで、2週目以降はどんどん敵が強くなるが、死ぬ要素は特になくなるね。油断とへまが無い限り。





 4人の公王を除いて!




 あいつはアホとしか言いようが無い。無理ゲーの匂いがプンスカするぜ。
 殴って出せるダメージは190とかそんなんだが、ヤツの体力は3万くらいあるんじゃないのか。1vs1なら幾らでも殴り殺せるだろうけど、気づいたら4人に囲まれてるとかザラなんだが。開き直って結晶槍連発しても間に合わないことが。
 魔女っこ召還→ローリングで攻撃避ける→結晶塊背負う→ローリングで以下略――なら一人ずつ確殺だけど、魔法無かったらどうすんのこれ。もしかして斬撃ならもうちょっとまともなダメージ出るのカナ?

>>だくそる!

 さて、さくっと行……黒騎士!?
 塊を確定ドロップで復活するとか( ´∀`)闇騎士だのタコだのを延々と狩り続けたあの努力はいったい……
 幾つか原盤拾ったもん!無駄じゃないもん!


 そういうわけで何やかんやと黒騎士5人を倒し、霧の向こうへ。

 BGMが……




 (・∀・ )( ・∀・)イイ!

 舞のハートをピンポイントでキャッチしやがった(‘∀‘ )もうちょっと聴こうずwwww





 何か遠くから飛んできたおっさんにぶった切られて死んだ・゚・(つД`)・゚・
>>だくそる!

 どこをどう踏み外したんだろうか(´・ω・)透明床ウゼー
 
 
 
 ……なんかいっぱい横切ってる……ただの無意味な幻影じゃねーか!






 ということで先へ( ´∀`)またしても黒騎士(非幻影)が。しかし広い場所で一人で向かってくるとか、さすがになめすぎ。適当に処理。




 ということで先へ( ´∀`)またしても黒騎士(非幻影)が。しかし広い場所で一人で向かってくるとか、さすがになめすぎ。適当に処理。




 ということで先へ( ´∀`)またしても黒騎士(非幻影)が。しかし狭い場所とはいえ、一人で向かってくるとか、さすがになめすぎ。適当に落ちた・゚・(つД`)・゚・


>>だくそる!
 王のソウルをささげて先へ(`・ω・´)黒騎士の幻影っぽいのが道を横切っていく……ほう、隠し通路発見の予感!
















 死んだ・゚・(つД`)・゚・

ニュース見た

無双7買って帰る

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。