ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FFV
めりゅじーぬたん(;´Д`)ハァハァ
珍しくバッツが本気です(・∀・)両手持ち乱れ打ちとか秒殺も甚だしい。
スポンサーサイト
おニューのパソコンをいじり倒す。

さすがにメモリ128MBはしんどいかw




おニューのベルトを絞め倒す。

デザインが許すギリギリまで切断したのにゆるゆるとかで使い物にならないw




おニューのお店に入り浸る。

さすがにコーヒー豆チョコ?をノンストップママするのはしんどいかw(おかげでずっと眩暈が。普通のお菓子気分でパクついたらガチで死ねるんじゃないのか?)



おニューのヱヴァを見倒す

のは来週になるようです・・・




おニュー(ではないか)のチャーリーズエンジェルを見倒す。

前作は面白かった記憶があるんだが・・・ナニコレ?




おニューの扇風機を回し倒す。

リズム風が付いてないじゃん・・・



おニューの身軆を我欲す・・・

吐きそうwwwっうぇw
>>選択式御題 33日目
50.「魂の抜け殻」

今日・・・か・・・


FFV

 恐ろしく無謀な戦い。ぶん取る→ぶん取る→歌う、でどうやって二匹同時に倒せるんだって言う。結局最後は銭投げに頼ってしまった。戦闘は計画的に(´∀` )
>>選択式御題 32日目
47.「道徳観念」




ん・・・裏口入学の類って、依頼すること自体は罪にならないのか若しかして(´・ω・)



 多くの者が艱難辛苦を賛辞した。しかもそれは、当然のことであった。
 誰かが問うた。若い男である。
 「何故だ」
 それに対して、誰かが答えた。老いた男である。
 「難しい質問だ。それ自体が。よって私はそれを称えよう。なに、しかしたいしたことではない。それが難題でありうるのは、ある条件下に於いてのみであって、そして私は既にそこから外れているのだから」
 「そんな細かいことはどうだって良い。老人の長話に興味は無いんでね」
 「君はまるで答えを知っているかのようなことを言う。え、違うかね。まあ良い」
 「何も良い事などない。ふん、どうせ、答えられないから関係の無い文言を並べ立ててごまかそうという、浅はかな企てに違いない。無益な人生を呪った、哀れな老人の世迷言といったところか」
 「ははあ、君はまたしても核心を突く様なことを言う。直接的には全くかすりもしない阿呆な意見だが、しかし大局的に見て、これは一種の真理たりえるものだ。なるほどなるほど、今はそれで良い。君は安直な答えなど知る必要はなく、そうやって自己暗示とも言うべき空想にとらわれながら、永遠の道を歩くと良い。いずれ誰かが、君の遥か後方で何事か叫ぶであろう」
 「どうやらあんたは盲目らしい。永遠の道などと。なるほどそうか、あんたは、あんた達は、自分が険しい道を登りつめて何らかの地点にたどり着くものだと信じているわけだ。は、馬鹿馬鹿しい。それで困難を乗り越えたつもりになって、成し遂げたつもりになって、は、くだらない。実にくだらない!よく見ろよ、あんたたちが顔を赤くして、全身を緊張させて、息を止めてしがみついているその道を。這いつくばってるその道を。何だ、分からないのか?その永遠の道とやらが、どれほど歩きやすいものかが。認めれば良いじゃないか。ああ、あんた達が声高に言う努力がどうのこうのってのも解らない訳じゃないさ。しかしこと、この道に限っては全く馬鹿馬鹿しいと言う他に無いね。こんなに楽な道をのろのろと、ビクビクと、は、やっぱりあんたの長い人生は何の役にも立たないんだ」
 若い男は周囲を見渡し、呆れ返った。そこには誰も居なかった。遥か遠いところに人影のようなものが見えた気もするが、果たしてそれが先の老人であるかどうかなどは知る由も無い。
 若者はもはや気にもとめず、坂道を駆け下りる。


 ストレスの類を一時的に忘れる、或いは隠匿することは出来る。多くの場合、容易でさえある。が、これを解消するとなると途端に無理難題、殆ど不可能の域である。唯一の希望は莫大な時間経過に縋ることによってのみ顕される。或いは木を隠すには森といったところの、つまり・・・ふむ。

 ・・・・・・というのは私だけなのか?オー
 その存在は魔王といってよろしい。孤独の魔王である。ところでこの魔王というのは人間に対して絶大な力を持っているし、発揮する方法も知っている。自身が人間などとはかけ離れた存在であるということも、当然認識している。必要以上にそう思っていると言ってもよい。
 しかし彼の発言には、思いのほか多数のエクスクラメーションマークが用いられる。賢明なプレイヤー諸君は、しかしそれが彼の感情を表しているものではないということにすぐに気が付くであろう。彼の発言に用いられるエクスクラメーションマークは声の大きさや速さなどではなく、むしろ主人公やプレイヤーに対する脅迫めいた恫喝なのであり、実際の言動はいたって冷静沈着なのだ。
 そんな彼も、しかし人外のものに対してはその静けさ、尊大さを失うのである。


FFV


これって本来はギードのセリフだったんじゃなかろうかとか疑ってみる
大人が飲んだら逮捕だぞ
高校生しか飲んじゃダメ







 「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」のが成人の日である。これを20歳=成人=大人として考えた場合、19歳は子供である。
 ところで高校生といえば16~18歳というのが大多数と思われるわけだが、この19歳というのは何であるか。
 成人の日の要が、大人を「自覚」する事にあるとすれば、「大人」はも少し以前から始まると假定することが出来る。となれば、考えうるのは「18歳未満~」「18歳以上~」という指標からも得られるとおり、「大人」は18歳からであるとする結論であり、19歳は当然大人の範疇である。成人の日はそれを再確認するための行事である。
 ところで大人が飲んだら逮捕ということは、子供全般には許されて然るべきである。それは中学生や小学生、18歳未満の全ての人類に許可が下りるということだ。しかし実際には高校生しか飲んじゃダメ。義務教育ではない高校生に何故、こんな特権が与えられるのか。そう、学生さんはエライ!のである。当たり前だ。これからの世界を背負って立つ未来ある若者が偉くないはずが無い。義務教育など蛆糞である。
 ところで18歳以上であるどころか、「成人」の高校生もこの世界にはたくさんいる。進学・卒業できなかった場合もそうだが、歳をとってから入学することも不可能ではない。学校にもよるが、還暦過ぎた高校生もありえるのだ。
 子供全般に許可されると思わせておいて、その実高校生限定のように謳っていることからも「大人が飲んだら逮捕」というのはいわば一種の脅し、事実ではない事が窺い知れる。つまり、高校生であればその年齢に関係なく、つまり、大人であっても認可されるわけだ。
 と、いうことは、だ。「高校生しか飲んじゃダメ」は真であるが、「大人が飲んだら逮捕だぞ」は完全に偽である。
 「逮捕だぞ」。これが偽に含まれるのであるからして、ピーコの逮捕は不当である。事実、平然とそれを飲んでいるアッキーナは高校生ではない上に成人であるが、逮捕されない。
 多面、「大人が飲んだら逮捕だぞ」が真であり、「高校生しか飲んじゃダメ」が偽であった場合はどうか。これならばピーコの逮捕は正当であり、アッキーナもまた逮捕されて然るべきである。また、18歳以上か、或いは20歳以上の高校生も不可、逆に小中学生は許可される。
 いやいや待て待て。そもそも「大人」を年齢で規定するからこうした矛盾が起こるのだ。つまり、「高校生」は成人しようが何をしようが、「子供」である。大体に於いて、子供から大人になるのは当然であることは異論の余地もなかろうが、だからと言って大人が子供になってはならぬという非可逆の法則はどこにも無い。解釈はこれで問題は無かろう。いずれにせよ、残される問題はアッキーナが何故逮捕されないのか、ということだけだ。むむむ。



 豚どもの撒き散らしたクソをそそくさと片付け、或いは汚されないように先手を打って常時洗浄している子猫に与えられているたった一つの自由。これを剥奪すれば人間の首が飛ぶのを早めるだけということに気付かない。いや、その人間は確かに間違ったことを言っているわけではない。子猫が子猫ではなく、豚であればの場合に於いてのみであるが。
 したがって人間の正当性を証明するため、子猫は豚になることを余儀なくされ、やがて人間の首は落ちる。その首を掃除するのは無論、転生した子猫である。これはいかにも卑しい仕事である。
>>雀・三國無双

雀・三國無双
雀・三國無双

占い師を否定しない張角たん(;´Д`)




洛陽にイクことに。




雀・三國無双

全てを運に頼る小学生に無茶を言う小喬たん(;´Д`)










大喬たんが仲間になりたそうにこちらを見ている!
雀・三國無双

カワユスのぅ(;´Д`)カワユスなぁ。

歓喜する大喬たん(;´Д`)
雀・三國無双


テンション上がってきた大喬たん(;´Д`)
雀・三國無双

>>大島渚 - 絞死刑

二人の女を殺した男、R。若く、貧しい在日朝鮮人。
殺人とは何か。
生死とは何か。
死刑とは何か。
記憶とは何か。
欲望とは何か。
仕事とは何か。
信仰とは何か。
家族とは何か。
妄想とは何か。
現実とは何か。
国家とは何か。
正義とは何か。
意思とは何か。
自分とは何か。


 途中から見始めたからお笑い映画かと思ったら全然違った。
 わかってくると延々と悶々するだけに終始するが、それはすなわち延々と悶々できる映画だというわけだ。実に面白い。ほんの二時間、めまぐるしい場面展開など絶無であるが、その内容たるやまさにブラックホールとかで疲れるが。
 日曜夜7時に放映すべき。指差して笑うならそれで良い。鼻で笑うならそれで良い。気持ち悪いと吐き捨てるのならそれで良い。そうだそうだと諸手を上げるのならそれで良い。ふざけたこと抜かすなボケがと言うならそれで良い。一見することに価値がある。

 このままではいけない。ある日突然、自分でもその要因を決定することが出来ぬほど脈絡無しに、Tは思いついたのである。つまり、世界の破壊を望んだのだ。見せ掛けだけの安定にすがり、家族を言い訳にして無駄な時間を生きてきた10年間を水に流し、それどころか地中深く埋めてしまおうとさえ考えたのである。
 その日のTはいつも通りに起床し、それ以前の日常と全く差異のない様子で支度を済ませ、誰にも気取られること無く会社へと向かった。それこそ、自分自身でも当初の目的すら忘れてしまったのではないかという疑念を持ちかけねば、本当にまた愚かな日々を繰り返させられるのではないかと思われたほどである。会社のあるビルに入ると、あたりは薄暗く、人はいなかった。これはいつもの光景であったのだが、今更ながらにその異常性を痛感させられている気がして、並々ならぬ孤独感を覚える。Tはこれを打ち破るのだと自身を鼓舞し、犬の生活を捨てることは、あらゆる観点からしてみても正しいことなのだと、改めて確認した。Tのデスクがあるオフィスに入ると、当然ながら人はおらず、ホワイトボードを大きくはみ出す経営成績だけが激しい自己主張を行っていた。はみ出すというのは勿論、赤字の方向へである。殆ど自棄になって壁に直接描かれた断崖はしかし、Tの無能を語るものではなく、会社の不正を暗示しているものである。少なくともT本人にはそう思われた。
 Tは一瞬たりとも足を止めることなくそのオフィス内を通り抜け、社長室へと入っていった。むろん、ノックは無用である。社長室に入ってまず最初に目に止まるのが、大きな額に収められた「愛人」の二文字である。この社長というのが、会社や社員、金はおろか自分にさえ殆ど興味が無く、全てはこの愛人のための人生であるといって良い男である。その愛人が会社に目を向けない限り、ここは廃ビル同然なのだ。
 黙っていすに踏ん反りがえっている社長を見据えると、Tはおもむろにその背後へと回り込んだ。社長は何の興味も示すことなく、真っ直ぐドアのほうを見たまま動かなかった。Tは最早おれは犬ですらないのかと絶望を与えられそうになったが、その想念はこれから歩むであろう冒険の日々を想像することによって、打ち消すことが出来た。そしてその冒険を行うに当たって、まずは当面の目標を立てるべきだと考え、今からやろうとしている事をその最初の目標に据えることを決めた。
 すなわち、しゃちょうをなぐる、と。
FFV


 こんなのが一体誰に理解されるというのだね?('A`)キャー
にゃーん!
(=‘ー‘)
ひよこ



とか



ピカチュー!
(‘ー‘=)
カービィ





などの巨大文字AAは概して面白いものであるが、その中でもコイツは秀逸すぎる。



生まれながらに抱えている幾つかの問題について、これから開放されることは望めない。しかし状況は不変ではない。それは幾分か残念である。
 こんなんとか、有名なマンデルブロとかジュリアの超巨大な一枚絵が見られる所ってないのかな(´・ω・)1辺100メートルくらいの。ぱいぱいぽーんぽい
 ・・・映画でもいいか・・・いや、360^2度囲まれてこそ意味があるな(`・ω・´)やっぱあれか、電脳空間にダイブ出来るようにならないと。マダカナマナカナー
>>プロレスラー三沢光晴さん、試合中に倒れ死亡
 13日午後8時45分ごろ、広島市中区基町の県立総合体育館で開かれていた「プロレスリング・ノア」の試合中に、プロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、救急車で病院に運ばれた。広島中央署によると、同日午後10時10分に死亡が確認された。同署はノアの関係者らから試合状況などの事情を聴いている。

 同署などによると、午後8時10分ごろにタッグマッチ形式で試合が始まり、約30分後に相手選手にバックドロップをかけられ頭や首を強打し、リング上でそのまま動かなくなったという。

 三沢さんが搬送された同市南区の広島大学病院では、ノアの西永秀一渉外部長らが会見。「試合中のアクシデントで意識を失い、心肺蘇生措置を施して搬送したが、亡くなった」と説明した。




 私がプロレスを好きになった要因の大きな一つは彼だった。タイガーマスクではなく、素顔の三沢に、その肘に、そのプロレスに一目ぼれしたといって良い。
 リングの上で倒れるのはプロレスラーとしては本望であるか?いや、病気をおして出場し、完全燃焼してぶっ倒れるというのならともかく、一つの技、それもメジャー極まりない技で倒れるというのは、彼がプロ中のプロでありまた受身の天才などと称される人であるからこそ悔しい部分ではなかろうか。

 はっきり言って納得がいかない。こんな散り方は認めたくも無いというのが今の正直なところ。無念



計画性のない小学生に恥らう大喬たん(;´Д`)
雀・三國無双




計画性のない小学生にしてやられる大喬たん(;´Д`)
雀・三國無双

落ち込む大喬たん(;´Д`)
雀・三國無双
プップギャーッ!!m9゚。(^Д^゚≡。゚^Д^)m9゚。プップギャ-ッ!!
雀・三國無双
三度読み勝って殺しきれず
二度読み負けて死に至る
プップギャーッ!!m9゚。(^Д^゚≡。゚^Д^)m9゚。プップギャ-ッ!!


50円 (円マークが使えないことに今気付いた)、2本先取の店で200回くらいこんなんが続く。200連敗じゃないぞ。ギリ勝ち越ししてるが無価値。
プップギャーッ!!m9゚。(^Д^゚≡。゚^Д^)m9゚。プップギャ-ッ!!


気楽に打ちゃ良いんだよ的な店で吉光とか死亡フラグ以外のナニモノでもないな( ´∀`)あんな所に行くのはもうやめよう(T_T)
プップギャーッ!!m9゚。(^Д^゚≡。゚^Д^)m9゚。プップギャ-ッ!!

あーマジで迅流撃は壁強にしてください。
プップギャーッ!!m9゚。(^Д^゚≡。゚^Д^)m9゚。プップギャ-ッ!!

 呪われた剣でそれなりのダメージをたたき出す彼の実力たるや、宇宙の法則が乱れんばかりのオーバースキルである。
 多面、光の戦士たちにまがい物を与えることで戦意と戦力をそぎ落とそうという浅慮極まる戦略と、部下が持つ真の実力を看破することなく安直に微細次元を拡張してこれを葬るという蒙昧の所業。これは上司の無能さを象徴するものであると同時に、その部下の無能さをも提示する現象である。むろん、それと対峙する光の戦士とやらの悲しい仕事の価値は言うまでもない。一体あなた方は正気なのですか。
FFV
 オールドやらフラッシュやらで当てても与ダメ120前後、ファリスはずっと歌って、しかも白魔法も無しとかで割と積んでる雰囲気をかもし出してたけど、ギリ倒せた。釈然としないが。一体私は正気なのですか。
 メニュー禁止プレイの時もそんな感じだったような?('A`)オー
>>選択式御題 31日目
36.「ぼくがあんたに最期を与えたいのです」
>>雀・三國無双



大喬たんキター(;´Д`)
雀・三國無双


お肉を求めて大ボケかます大喬たん(;´Д`)
雀・三國無双



雀・三國無双
なにがムムムだ!




雀・三國無双
きっと左慈だろうそうだろう( ´∀`)





雀・三國無双
天公将軍wwwww
雀・三國無双

雀・三國無双
いいえド素人です(゚ー゚ =)

雀・三國無双
大喬たんに頼まれては断れない(;´Д`)
雀・三國無双
>>選択式御題 30日目
62.「彼の最期を看取ったように俺の最期も看取ってください」

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。