ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>>武器ジェネレータ
まいちゃんの刀 (攻撃力:19)
mastermindサーベル (攻撃力:21)
sistermindのハルバード (攻撃力:29)
まいとバズーカ (攻撃力:35)

平均26・・・極普通か(=‘ー‘)
スポンサーサイト
 世界の時間を自由に動かすスキルがほしいね!マジカルタクト的な。マジカルタクトでググったらゼロ~が出てくるとかで泣いた。
 それはそうと今月の色々メモ。評価は個人の萌え度にのみ依存します
>>選択式御題



3.「人間の骨と同じいろ」

>>むそーん
 黒マント\(=ω=.)/わーい

 買っただけだが(´∀` )19K。+3は30Kで売ってくらはい


 新シナリヲは孫策が消える→大喬たんも消えるんじゃなかろうな→その場合は阿蒙たんワショーイ?(=‘ー‘)てゆーか特別発生率が8%を切り始めたとかでR5課金生活で良いじゃないかと囁くコエが。
 ふがー!(((((;`Д´)≡⊃)丶`∀)、;'.・
 まぁ、放置と特務だけでそろそろ雑号とか普通に考えて頭おかしいわな(´∀` )
「堅固」が変換できない件(´゚д゚`)まさかと思って辞書見てみたけど、ちゃんと載ってるし・・・・ふにゃ?
ウ○コ食べたりする話注意

貂蝉たーん!
予定メモ

DL
見えない翼
夢がチカラ
ヒトリノ夜
ジレンマ
アルエ
999
人間って
喜望峰
創世
時の歌
吸吐君
ぱねぽん
ベータ
プラス

未定メモ
さくら
花吹雪

月3本以上をキープできれば年内には何とか・・・・絶対無理(=‘ー‘)今のペースだとDLだけであと30日かかる(ぁ
暫く動画作ってないからさっさと出し太陽(´∀` )妄想ばっかりだ。ひとまず全部投げ出すのがよかろう。
テレビつける→ロリアニメやってる→声は釘たん→神楽たんに慣れきってるとかでものすごい違和感が(´Д`;)

>>蘭
第一話からぶっ飛ばしすぎじゃないのかこれwwwwwwww収拾つくのかwwww
ネオアサフス・コワレフスキー「おめめ引っ張ったらコワレちゃうよぉ><」
こわれふすきー

しかしwikipediaの写真がキモカワユスな(=‘ー‘)
>>選択式御題

2.「きっと 一生忘れられないのだろうね」
エアーマン
扇風機直撃で寝ちゃったの(´・ω・`)のどいたい
基本的人権(´ι_`)それは尊重するものであって、他人ごときが死守したりこじつけるものではない。ハイ終了。

>>むそおん
 争奪とか怖くて無理です(爆
 ところでウインドウ起動が出来なくなってる・・・てゆーか何勝手にインストールしてんの( ´_ゝ`)ウザス。作業並行が微妙に面倒くさいことになるジャンか。まぁ、何かしら抜け道があるはず(・ω・´)
 あと、真乱舞の炎ダメージが0なのは気のせいですか?( ´∀`)最後の一発以外。気のせい気のせい・・・

 強化率は一割を割ってしまった( ´∀`)むふー
 前回だか前々回のきらりん。ゲストキャラの園児は、自分こそが主人公を演じるべきだというわがままを発揮しつつ、最後には主人公や脇役皆揃って一つのモノを作り上げていく喜びを知る。脇役である魔法使いのこの女の子がやたら目立ってしまってて、本来の意味での「皆で一つの物を」という喜びからは外れてしまってはいるが、それはアニメゆえの過剰演出として捉えればよろしい。創作物を見て「そんな展開あるわけねーだろwwwツマンネwwwww」で終わってしまうのは実に勿体無い。勿論、そんなものを見てる暇があったら他にやるべきことは幾らでもあるだろうという意見は尤もではあるのだが。
 それはさておき、大抵の場合、こんな事 (皆で一つの物を作り上げる喜び) は教えられずとも気付けるものである。気付けないのはよっぽど甘やかされてて親すらも自分を目立たせるための道具としか思えていない子か、病的に無気力か、早すぎる中二病か、阿呆である。無気力はただ単に興味が別の方向へ向いてるとか、ちょっぴり適応性が足りてなくてしかも不器用な子であり、中二病は分かった上での行動であり、阿呆はちょっと突っつきゃ理解する。勘違いは修正が難しそうだが、不可能ではない。或いは上手くすればこれは英雄たる素質、才能でさえある。ただしその場合、あらゆる策を弄して主人公の座を己の力で勝ち取るべきである。与えられた自由に価値などない。与えるべきは結果ではなく、チャンスである。結果だけで良いのならワザワザ生まれる必要はない。育つ必要はない。そんな世界ならば生まれる前に舌を噛み切り、臍の緒を食い破って死ぬのが最も正しい行いである。
 最近はその程度のことをアニメから学ぶことすらも不可能になりつつあるようだ。子供ではなく、教育者が。馬鹿め。子供と一緒にアニメを見なさい。特撮を見なさい。子供が見るものだから馬鹿馬鹿しいなどという意見は全くもって阿呆の極みとしか言いようがない。
 もちろん、何でもかんでも奪い合うことを是とするわけではない。オンリーワンで良いじゃないと開き直るものでもない。開き直るのではなく、しゃんと胸を張って毅然としておればよろしい。他者を敬い、己を敬え。
 ん。ちょっと前の記事といってることが真逆?なるほどいかにもその通りではある。しかしあれは私自身の願望であり、私はそれを他人が持つことを決して許さない。我侭であるが、特に問題のない我侭である。あえて問題点を挙げるとすれば、それは他者から見れば酷く気持ちの悪い主張であるということだけだ。そしてこんな所にそんなことを書くことは何の価値もなく、同時に何の損失もない。つまり問題ない。おやおや、時間の喪失ではあるか。しかしそれもまた取るに足らないことなのだろう。

 ぱにぽにの姫子たんのしゃべり方、抑揚のパターンが誰かと似てるんだよなぁと悶々
  ↓ 
鳥 居 み ゆ き だ !




 そんなわけで、3人で野球してる人がいた。一人はピッチャー。一人はファースト。一人は一塁ランナー。バットやグローブはもちろんこと、ボールさえ無い状況で。
 しかしやってみると分かるが、これが楽しいんだわ。オトナは馬鹿にするが。

 知識と想像力があれば道具は無くても良い。道具と想像力があれば知識は無くても良い──ということは両方あればなお良い・・というのは勿論詭弁なわけだが、油断すると忘れちゃうんだよなぁ(´・ω・)まぁ、上記のものは間違ってるのが明らかだから誰でも気付けるんだけど。


 他方、外で遊んでると見せかけて一人はDS、一人はケータイ、二人はカードゲームに興じるという、マンガのような光景にも出会うわけだ。やってみると分かるが、これもまた実に楽しい (携帯ゲームはそもそも苦手なのでよく分からんけど)。太陽の下、広い場所でのカードゲームやテーブルゲームの類は妙な開放感が伴うからか、思考形態が変わるようで新鮮な流れになる。似たような事は室内でバットを振り回す時にも起こりうる。と言っても暴れる意味でなく。いやむしろそれも含まれるのか。その場合はやってはいけない事をやるという迷惑な喜びであるが。やってはいけない事はやってはいけないんだよ。
 もちろん、外と中だけの二択ではなく、場所によっても変動する。自宅、Aくんの家、Bちゃんの家、或いはその部屋、時間、天気、その他諸々・・・。

 では何故、人間の脳は、そう、感じるように、出来て、いる、の、か、?状況が変わったからといって一々新鮮味を覚える必要性とは何ですか。適応するため?巣を捨てるため?巣に戻った時に安堵を覚えるため?
 他の動物は同じような本能があるのか?渡り鳥は?回遊魚は?虫篭の中の虫は?或いは植物は?
 それとも、慣れた状況と比較した、あくまで相対的で無意味な新鮮さなのか?
 という問はクオリア的な問題も含まれるのか?
>>選択式御題
 とんでもないお題サイトが(=゚Д゚)ショートタイトルが1800個とかwwwwww
 30のお題すら放置してる舞が徒然と書きナグールよ(‘ー‘=)ストーリとか考える事は完全に破棄するつもりなのでそこに文句言わないでね(ぁ

1.「うしないたかったこえうしなえなかったことば」
(・∀・)ずっきゅーん
「○○ですか?」
ではなく
「○○です?」
というのが微妙に癖になりつつあるんだが\(=ω=.)/

 時間をカネで買うのも限度があるねぇξ*゚⊿゚)ξ記憶をカネで買う時代はまだですか。マウス実験で記憶弄る云々やってた気がするけど何処だっけか。あとは食欲性欲睡眠欲が邪魔なのだ。うん。こう、脳みそをガッ!っとね。こう。グィーンキュルルルルヴイーンピピピッとね。最高の効率でね。ウニョラーっとね。ゾンビは幸せ。
 何?人格が崩壊する?アイデンティティなど犬のクソだ。速やかに廃棄するがよろしい。
(´゚д゚)
(゚д゚`)
(´゚д゚`)
 聞く所によると、割と近所に私のソックリさんが居るらしい。私のようなカワユスモユスがこの地上に舞い降りただけでも奇跡の極みなのに、そんなのが同一次元の同時代に、極近い場所に二人も存在したら宇宙の法則が乱れちゃうじゃないか。どうしよう(´・ω・)むむむ
 エコという言葉を一年くらい禁句にしてほしい(´ι_`)小さなことからコツコツやるのと、小さなことを言い訳にして的外れな満足を得ることは全く違う。やるべき事をやるのに言葉は要らない。やるべき事を伝えるのに言葉は要らない。やるべき事をやったことに主張は要らない。こんなブログも要らない。ずっきゅーん
 「無双」が素で「無ヌヌ」に見えて何か知らんが吹いた。春だなぁ。


>>むそおん
 久しぶりの激突は燦々たる結果(;´Д`)皆つえーなぁ。

>特別途中経過(25%)
 強化61回に対して上から1、0、3、1、2。発生率11%。破壊が全く来ないけど、まぁそんなもんか。




>>DL
 全っ然編集できね(´`)
 鉄拳に見る舞的悪癖。
 一度「自分より弱い」と格付けした人に、連続して敗北を喫した時のこと。「無いからwwwww今の違うからwwwwwww」などという欺瞞を行使し、反省というものを一切行わないのだ。まるで駄目。私が魯粛だったら「阿蒙たんはどんなに頑張っても阿蒙たんだからwwwwwww」とか言っていたに違いない(=‘ー‘)

 結果、この三日は光の速さで降格。

 で、反省することをちゃんと考える。すると今度は「ちょっと考え方変えたからって勝てるようになるわけ無いからwwwww関係無いからwwwwwもう負け癖ついてるからwwwwwww」という邪悪な考えが頭をもたげるが、しかしそれを抑えつつ落ち着いてキルナグール→うん。勝てる勝てる。
 しかし、ひたすらライトゥーと奈落とワンツーしかしないボブと激戦を繰り広げるとかどう見てもクソゲー。しかもその人勝率8割オーバーとかでウケる。ひとまず勝ち越したけど、割と必死とかでダサい。処理勝ちできるようになりたいねぇ。てゆーか対戦したくないねぇ(ぁ

 じゃあそろそろ横歩きの練習をしようか(爆死


─ひとまずの課題─
・横歩きマスター。
・納刀使いこなせ。まだ全然駄目。華厳見える相手及び暴れてくる相手はもう納刀一択で良いよね。重ね脇差なんてCPUでしか使ってないくらいだし。
・壁際の攻めをもうちょっと落ち着け。かなり勿体無いことしてる。
・もうちょっと吹雪使っていいんじゃね?使うべきところで使わず、無理に「使わされる」事の方が多い。普通は露がそんな感じになる筈なんだけど。
・露の後に隼出すのやめろ。睨ぎも論外(分かってない相手ならこれだけで殺せるが、分かってる相手にも癖で出すことがある)。そこで吹雪を使えと。
・草薙砲ぶっ放しすぎ。的確に反応してくる人にあんまり出会わないからついついやっちゃう。
・一閃とか絶命剣狙っていっても良いんでないか?以前は全く使わなかった旋風剣を最近使うようになってきて、「あ、今の絶命でもよかったよな」みたいな場面がちょくちょくある。刺し殺せ斬り殺せ。
・菊を使え。
 こんなところかぁ。どうも相手の無知とかミスに頼った戦いが多い。まぁこっちも相手の事分かってないし結果的にそうなるのは道理なのだが。それじゃ駄目じゃん春風亭昇太でーす。


 ところで久しぶりにDRの動画など見てたら凄くコンボが短く見える。慣れって怖いねぇ。
オヨギゴカイ
オヨギゴカイ「五回も六回もないわ><」

 地震の前のガゴン!が地味に怖くてやめていただきたいんだけど、くるぞって言う心構えができる分良いのか。しかし「あ、今から死ぬのかな・・・生き残るかな」みたいな如何しようもない二択を迫られて精神的にあれなので、いきなりきてパニクってる方がマシか?いやいや然しそれは結果的に生き残ったから言えるだけの、哀れなまでに呑気な話だ(´・ω・`)怖い。
 カッコイイ龍と蛇のイラスト。デカデカと記された「竜頭蛇尾」の文字。そんなシャツを不良っぽい子が着ていたが・・・・そのシャツを作った人、及び着ている張本人はその意味を分かっているのかいないのか。外国人向けじゃないのか否か。
 DAIGOかわいいよDAIGO(=‘ー‘)

 ところで、最近は茶髪の男が激減してるような気がする。全身から「俺はアホなんだぜ」オーラを強く振りまいてる子と、夜のお仕事・テレビのお仕事・ファッションのお仕事その他は別として、「普通の茶髪」が減ってる。よい傾向だ(=‘ー‘)ぶっちゃけ、よっぽどじゃない限り、変(マテ
 そんなことより公然猥褻カットはやらそうぜ(・∀・)
 その日は朝から夜だった。
 目を覚ますと同時に耳鳴りが響き、気分が悪いので老いた猫のように丸くなってじっとしていた。やがてその耳鳴りは耳鳴りではない、機械音へと移行していった。部屋の中に設置された文明の利器たちが無駄なエネルギーを発散しているのだ。何の調和もなさないノイズが断続的に脳を刺激して覚醒を促進しようと試みているが、実際に引き起こされる感情は、煩わしささえもが恥じらい身を隠すほどの虚無だった。
 ただ、音が聞こえる──それ以上でもそれ以下でもない淡々とした現象が、極めて機械的に進行されるのだ。電化製品から発せられる無駄で尚且つ莫大なエネルギーが、外界に対してなんらの影響も及ぼさないという圧倒的事実に僅かばかり驚嘆し、少し笑った。おや、遠まわしに影響を受けてしまったようだ。
 体を起こすと、そこにあるはずの物が、物たちが、一切存在しなかった。ただひたすらにノイズだけが実体を主張するが、それは深刻に微弱であり、同時に不快なほどに全てであった。
 「そうか、そういうことか。お前達は求めているのであるな?答えてみよ」
 声帯から発せられたであろう、音とでも呼ぶべきものは、未分化の凝縮された、いわば素次元とも言うべきものを震わせる。
 ノイズが騒いだ。
 ノイズはノイズの中で無限に反響し、今にも爆発せんばかりであった。外へと漏れうべからざる筈のノイズを全身に受け止め、酷く哀れに思い、己の無能を呪った。あらゆる償いは償いに無く、されど罰は下されることなく、しかして罪の存在もまた希薄であった。
 これではいけない。
 全てを明瞭に書き表せるように、或いはあまりにも馬鹿馬鹿しいその望みだけを、凝縮された素次元の目に見えぬほどの小さな影に託し、念じ、つぶやいた。
 「光よ、あれ」


 目薬使うなんて殆ど初めてに等しいが、目から匂いが届くってのを実感できるのは面白いねぇ。それにしても全く効かないのはどういうことだ( `_ゝ´)コネー
・将来性のない作業を行うに当たって。

 初級。誰でも出来る作業。小さな歯車になってね♪→舞は思いっきりサボって他のことをする。100人中20位に入ればそれで良い。周りが有能かつ全力を出す人ばっかりで、しかも上位に入らなきゃいけないという明確な競争が発生している場合はそんな暇ないが、幸か不幸か、そんな必死な人はせいぜい2%に満たないし、たとえ100人中100位だったとしてもどうということさえない。むしろ完全に投げ出したってかまわない。
 ちょっと上級作業。数人がやってる。一人一人がそこそこでかい歯車。→舞は思いっきり競い合う。10人中1位じゃないとイヤイヤーン。120%の力が出る (サボりから来る錯覚とはいえ)。脳汁垂れ流し。しかしその作業がかけがえの無いものを生み出す確率が限りなく0に近いという事を思い出して僅かばかりゲンナリする。
 更に上級作業。一人でやっててくれ→舞は適度にサボって他のことをする。120%出そうが70%でやろうが誰にも感づかれない。所詮は何のプラスにもならない「作業」。なったとしても効率が悪いし面白くもない。必死になる必要性がない。片手間で得られるものが他に幾らでもある。


・将来性のある作業を行うに当たって。

 初級。誰でも通過できるもの。出来なきゃ恥→舞は適度にサボってほかの事と並行する。必要以上の集中は効率が悪い。無駄。無駄なことなんて無い?あるんだなそれが。「勉強なんてしてないよ」と言いながら本当にやってないケース。
 ちょっと上級。3割は通るかな。→舞は密かに練り、北叟笑む。さほど自慢になるものではないが、しかし余裕な顔で通ればちょっとカコイイのだという中二。「勉強なんてしてないよ」と言いながら軽くやってるケース。
 更に上級。こんなの誰も通れねーよ→舞はこれをするに当たって圧倒的に経験が足りない。2回くらいしか無いのでその心境はよく理解できていない。見方によっては0回だったり10回だったりするのでどうにも微妙だが。「勉強なんてしてないよ」なんて口走った日には「はぁ?」っていわれるケース。

 その共通点。紡ぎ出される一つのイヤーンな結論。すなわち「自分との戦いがない」ということ。
 たった一つの取るに足らない言動ですら「本当の自分の意識」というものが出せない人間に、自分との戦いが出来るべくもないことは7歳の時点で分かってたことであるが、しかし改めて省みればこれは酷い。全く我が道などなく、常に浮遊しているではないか。流されるというのとはちょっと違うというか断固拒否だが、結局は相対的な人間。作用と反作用のハザマで偽りの自己を主張するだけの能無し。真っ白な世界では動くことの出来ないカス。
 どうして他の人間どもは自分なんてモノを持てるのだ畜生。それとも私と同じく、持ってないのに持ってるフリして口だけは偉そうに言ってるというアレなのかソレなのかドレなのだ。
 絶対の自己を確立する・・・人類の全部か或いは殆どがそれを出来ていないと仮定しよう。さすれば触れ合いを欲さなくなった時、ヒトは初めて進化すると考えられる。うむうむ。ナルホドその通りだ。ならば少なくとも、触れ合いなくして成り立たない現状、内に敵を見出す事は必ずしも急を要しないわけだ。・・・・というのは所詮言い訳。逃避。・・・なのか?
 川の流れに乗ろうとすべきか?逆らおうとすべきか?飛び出そうとすべきか?うむうむ。飛び出すことが出来れば後の二つは好きに選択することが可能ではないか。そうかそうか。うむうむ。そうかそうか。さしあたってまず、はみ出すことを考えよう。とりあえず自己の片鱗のような何らかのモノが見えるのかもしれない。
 先に自己を見つけていないとはみ出せないのかもしれないが、しかしソレでは手詰まり。川の中で自己を見つけるという事は、はみ出すという事よりも困難に思えるのでムシムシ。そんな天賦の才は持ち合わせておらん。都合の悪い意見は黙殺すればよろしい。ペッ。
 絶対の自己を確立する・・・人類の全部か或いは殆どがそれを出来ていると仮定しよう。となればこれは完全に置いてけぼり。川に出ることも出来ない、金魚鉢の中に沈む小石。出来ていないという事自体が既に出来ているのだという詭弁を弄しても虚しいだけ。逃避。・・・なのか?
どちらにしろ、やはりはみ出さねばなるまいて。
 小さな世界は、その中にいる分にはそれが100%であり、あえて外を知って既知の世界の小ささを認識する必要性など無いわけだが、無いけど、むしろ無いからこそ?求めるわけだ。そうなのか?
 世界をどんなに縮めようとも、拡げようとも、そこに絶対の自己なんて見つけられないかもしれないが、しかしとめどなく溢るる欲とその満足のイタチゴッコはやはり楽しいもので。
 まぁ、それはそれとして、で、自分との戦いは必要かね?うむうむ。そもそも、自分との戦いって何かね?「やめる」と「続ける」の二択とかそういうことか?舞はやっぱり「もうやめたいけど頑張って続けよう」ってのが納得いく所までは理解できない( ´∀`)そういうようなことを口にするコトはあっても、そんなもんはセリフに過ぎない。やめたきゃやめろって事じゃなくて (それもあるが)、なんと言うか、そこで「やめる」乃至「続ける」を選択するのにいちいち戦いが必要なのか?と。そこまで切羽詰った選択を迫られた記憶が無い。思案を巡らせる事はあれども、戦うって何だよwwwwと。わんにゃー!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。