ようこそ!



最近の記事傾向→
 映画見て
  マリオを走らせ
   あとは寝る
    ('A`)オー

web拍手


かてごり!


けんさく!


まいちゃん!

mastermind

  • Author:mastermind
  • 動画担当:sistermind
    駄文担当:桝田舞人
    花の小2トリオ(=゚ー゚)8さいになりましたv

りょこう!


こめんと!


とらばく!


さいしん!


べったく!


げっかん!


らすえす!


あまぞん!





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
やがて恋が始まる
第12話「やがて恋が始まる」
スポンサーサイト
>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

第11話「やす菜の瞳から消えたもの」

>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
第10話 「小さな嵐」

>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

第9話「この願いはかないますか?」


>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
第8話「見ているだけが・・・・・・」


に関連して。



今日の一曲
RYTHEM「女友達」
kasimasi-08-00.jpg

未完/aa.zip


少女たちよ ボンボワイヤージュ

少女はいつの日か 旅立っていく
空を 小鳥が 飛んでいくように
あなたを見送るわ 朝のバス停で
きっときっと 青春は美しい

ボンボワイヤージュ ムームームー
友よ、くじけないで
ボンボワイヤージュ ムームームー
いつか また逢いましょうね

涙なんか見せずに
笑顔で手を振りましょう

あなたを送ったあとは
今度は私が旅立つ
大切な人
ボンボワイヤージュ
女友達

少女は旅立って 大人になるの
蕾が ふくらみ 花ひらくように
手紙をちょうだいね メールでもいいけど
きっときっと 人生は美しい

ボンボワイヤージュ ムームームー
友よ、忘れないで
ボンボワイヤージュ ムームームー
ずっと仲良しでいてね
うしろなんか見ないで
真っ直ぐ前へ進もう

あなたを送ったあとは
今度は私が旅立つ
大切な人
ボンボワイヤージュ
女友達

あなたを送ったあとは
今度は私が旅立つ
大切な人
ボンボワイヤージュ
女友達









Bon voyageってのは「よい旅を」みたいな意味。「ボンボヤージュ」は間違い。


この唄、あゆき視点で見てみるとなかなか面白い。かも?



少女たちよ ボンボワイヤージュ
まず、この「少女たち」と言うのは、はずむ・とまり・やす菜である。


少女はいつの日か 旅立っていく
空を 小鳥が 飛んでいくように

あゆきはやす菜に向かって「あなたも羽根を広げ始めたのかもしれない」とか言っている。
あなたたちは、羽根を広げて飛んでいく。私の手の届かないところへ。

蝶のように、鳥のように。


あなたを見送るわ 朝のバス停で
きっときっと 青春は美しい

私は舞台には立たないけれど、羽根を広げる事もないけど、努力もしないけど、それでも、私は醜くなんか無い。
あなたたちの美しい姿を見送る事で、私の心もまた美しく満たされる。私の「青春」はそこにある。


ボンボワイヤージュ ムームームー
友よ、くじけないで
ボンボワイヤージュ ムームームー
いつか また逢いましょうね

私は見守り、見送る。でも、時々は逢いたい。触れなくて良い。見ていたい。


涙なんか見せずに
笑顔で手を振りましょう

あなたたちは、特に私の気持ちを知ってるやす菜は、私に気を使う必要なんて無いのよ。
はずむが私から離れていっても、私は悲しくない。はずむが笑顔ならば、私はそれで良い。だから、私は悲しまない。涙など見せるわけもない。
笑顔で拍手を送るだけ。


あなたを送ったあとは
今度は私が旅立つ
大切な人
ボンボワイヤージュ
女友達

みんなが私の前から飛び立って行ったあと、残された私はどうすれば良いだろう?
遠くにいるはずむの幸せを願いつつ、想いつつ、私は立ち止まる。

でも、それは多分いけないこと。私は私の幸せを噛みしめながらも、先へ進まなきゃいけない。

特に、やす菜の存在。
やす菜は自分勝手な部分も確かにあるけれど、それでも他人の気持ちを気にしてる。男の人の顔を認識できないというハンデから、尚更他人の心を恐れる。
以前、友達の言葉を無視してはずむに走ったシーンがあった。あれは無神経からなせるものではない。恐怖からなせるものなのだ。
はずむに一直線になれたのも、ある意味ではその恐怖から逃避するためのもの。でも、今は逃げる必要がない。他人を思いやる余裕がある。
そんなやす菜はもしかしたら、私の事を気にして後ろめたい気持ちになるかもしれない。彼女がとまりに打ち勝つことが出来たとしても、私が彼女を足止めしてはどうにもならない。
そしてとまりもまた、活発に見えて自分を追い詰める性格だ。彼女の明るさは自信の無さの表れ。土壇場で最初に泣き出すのはおそらく彼女だ。
とまりは、優しい。鈍感な分、気づいたら立ち止まってしまう。

だから、私も劇場からはなれなければならない。観客がずっと居座っていては、舞台の上の役者はずっと演じ続けなければならないから。

そして、舞台から下りた役者と、劇場をあとにした観客とは、ただの「女友達」として場を共有できるのではないか。

羽根を広げて飛び立つことは何も「永遠の別れ」ではない。


友よ、忘れないで
あなたたちは幸せになってくれればそれで良い。でも、一人の傍観者がいた事は心の隅にでも留めて置いてくれるとうれしい。あなたたちを賞賛する者がいる事を知って欲しい。

あなたたちは幸せになる義務がある。
役者は客を満足させなければならないのだ。
あなたたちが納得する形で、幸せを手に入れて欲しい。

とまりをけしかけたのはその為だ。
もし、あのままはずむとやす菜が幸せになったとしたら、私は納得していないとまりを見ていられない。


ずっと仲良しでいてね
うしろなんか見ないで
真っ直ぐ前へ進もう

私はただの客であって、女友達。だからあなたたちも「役者」として私に接する必要はない。
舞台の上で、舞台の向こうで、みんな笑顔でいて欲しい。

勿論、そこは戦場である。涙を流す者もいるだろう。
でも、客を気にして引きつる笑顔だけは見たくない。偽りの気持ちは見たくない。

そして幕が下りたら、きっと私も前へと進むから。安心して。精一杯やりなさい。



関連記事:
第10話「小さな嵐」
第9話「この願いはかないますか?」
第8話「見ているだけが・・・・・・」
第7話「みんなで海へ」
第6話「お嫁さんとお婿さん」
第5話「やす菜の目に映るもの」
第4話「少女三角形」
第3話「はずむの心、やす菜の心」
第2話「彼女は彼女であることを自覚した」


>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

第8話「見ているだけが・・・・・・」


>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

第7話「みんなで海へ」
>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

第6話「お嫁さんとお婿さん」

かしまし
>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

第5話「やす菜の目に映るもの」
>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

第4話「少女三角形」


>>かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
 
第3話「はずむの心、やす菜の心」


ちょっと急いで書いたから考察が無理やりです。ごめんなさい。
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
第2話「彼女は彼女であることを自覚した」

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。